システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイで入院
ブログを書かない間にもいろいろなことがあり、
2010年12月に実は入院しました。

病名は「食中毒」です。
何を食べてなったのか今ではあまりわかりませんが、
全く怪しいものを食べていなかったので、
とても不思議です。

そして今週も腹痛、下痢になり病院へ行ってきました。
洪水の影響
10月~11月まで約1か月の洪水の水が引かず、
その後水が引いても攻城の掃除、
設備の購入等で稼働が長引いているところが多々あると思いますが、
それ以外にも、東部等への移転もあるようです。

今回の洪水の影響は、チャオプラヤ川が流れている中部地区だけが被害に会いました。
東部地区のラヨーン等はまったく被害がなく、
今後も東部地区のほうが、空港、港湾にちかく有利になりそうです。

ほかにもパタヤに近いのが魅力です。

地震、洪水ありまして、更新していなかったのですが、久しぶりに更新です。
かなり遅れましたが、アユタヤでは洪水がありまして、
私の働いているところも水没。
アユタヤに住めなくなったので、現在バンコクに住んでいます。
(今はアユタヤは水がなく、住むことができます。)

川を渡ったトンブリのほうの大きな通り沿いに住んでいますが、
車の通りは多いのですが、
店屋がほとんどなく、屋台もなく生活が結構大変です。

ひさしぶりのパタヤ
約2年ぶりのパタヤにこの前行ってきました。
土曜日、日曜日の2連休だったので、
金曜日仕事が終わってすぐにランシットへ、
ランシットからモチットへそこからパタヤへという感じでした。

アユタヤを出たのはだいたい19時。
ランシットへ20時。モチットへ21時ちょっと前につき。
モチット出発は21時前でした。最終は22時ぐらいのようでした。
パタヤについたのは23時過ぎていたと思いますが、
パタヤの夜は長いのです。

といわけで1日目のパタヤは3時ぐらいまでウォーキングを回り歩いて、
夜の海を見ながらホテルに戻り4時ぐらいに就寝。
ついに2つの村に
12月13日から初めて1月ちょっとたち、
貴族を作ってやっと近くの村を征服。
2つの村になったのですが、
周りには小さい村だらけで、
資源の略奪ができなくて困っています。

誰か資源を送ってください。
わかれました。
タイに来てからなんとなく付き合い始めたタイ人彼女ですが、
なんどかけんかして、元に戻っての繰り返しだったけど、
今日わかれました。

タイで仕事をしている理由の1つでもあるので、
その1つがなくなると、なんとなくやる気がなくなるのと、
今まで抑制されていたものがなくなり、
どこにでもいけるという自由を手に入れました。
というわけで、連休は遊びにいける体になりましたので、
連絡ください。
眠れない。
「ねむれない」といっても、
仕事が大変でストレスがたまり眠れないとか、
仕事がたくさんあるということではなく、

「部族戦争」にはまってしまい、
夜の12時に寝て朝5時ぐらいにおきて30分程度やってから、
仕事に行く準備して出勤です。

しかも、12時から5時までの睡眠時間中にも
なぜか目が覚めて、ログインして少し操作してから再度睡眠。
という感じなので眠いです。

今のところ仕事中に寝てしまったということはないので、
問題ないかと思いますが、
常に寝不足状態です。

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

現地採用2年が過ぎ、
今年末で3年になります。
現地採用 → 日本採用 も考えてくれるという言葉を信じて、
働いてきましたが、タイで働くのは結構難しいです。

特に日本人とタイ人の考え方の違いがむずかしく、
いろいろストレスがたまります。

そんなストレスも年末年始のベトナム旅行でなくなってしまえばよかったのですが、
ベトナムも大変でした。
後日旅行記にしたいと思っています。
部族戦争
今ネットゲームにはまっています。
その名前は「部族戦争」
http://www.tribalwars.jp/

フリーゲームで時間もそれほどかかりません。

家に帰ってきて、自分の村を育てるのが楽しみです。
まだ初めて10日ほどしかたっていないので、
周りには強い人ばかりですが、楽しいです。

ブログの更新少なくなるかも。


アユタヤの洪水2
アユタヤの水が引けて約半月たちますが、
ブログを更新していなかったので、
洪水がどうなったのかを記載しておこうと思います。

アユタヤの洪水は主に川沿いを中心に水かさが上がっておりました。
アユタヤのグランドマーケットから数百メートルのところまで、
水の侵食をうけました。
ただ、街中はほんの一部という感じでした。

タールア郡がアユタヤの東北部にあるのですが、
ここはコラート方面からの洪水の影響のため、
床上浸水が多く発生。
バーンペーク郡はアユタヤの北ですが、ここは、
サラブリー等北部からの洪水の影響で床上浸水が出たようです。

11月15日前後には水も元の水位前後まで戻りました。

今回の洪水でもタイののんびりさがみてとれました。
(水が急激に増えるのではなく、徐々にのんびりと増えて、
少しずつゆっくりと引いていく様子。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。