システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドルスイス
マネーパートナーズのニュースを読んでいると、
ドルのショート(売り)高水準にあるという記事が載ってました。
たぶんそれ以上に円のショートもあると思いますが、
このドルショートがあるおかげで、
ドル円がなかなか円高に行かないと書いてありました。
今までの円高はドルロング(買い)が高水準になった所で、
買っている人の投げが投げを呼び、
最終的にはドルショートがつみあがり底(円高)をつけ、
底から今度は売っている人の踏みから円安の方向に行くということです。
しかし、今回はいつもとは違う状況でドルのショートが高水準だそうです。
となると、なぜ今回のドル安になったのでしょう?
たぶん、ほかの通貨のユーロなどに対してドルは売られており、
それ以上に円がどの通貨に対しても売られていたのではないでしょうか。

2006年からのデータ知れべて見ると

ドル円  109円(2006年5月)→122円   12%の上昇
ユーロ円 137円(2006年1月)→164円   20%の上昇
豪円    82円(2006年3月)→102円   24%の上昇
スイス円  88円(2006年3月)→100円   14%の上昇
ポンド円 200円(2006年1月)→242円   21%の上昇

となる、計算はだいたいで2006年以降についてのみ調べてみた。
またこのほかにユーロドル、ポンドドル、カナダドルなどを見ると、
ドルがどの通貨に対しても安くなっている方向が見て取れる。

これは、ドルの貿易赤字とか、財政赤字とかいろいろ言われており、
もう誰でも知っていることである。
つまりもう誰でも知っていると思われる。
どこかの本に相場は自分よりも馬鹿を探すゲームだと書いてあった、
つまり、何かの情報で人よりも早くその株を買いそれを自分よりもあとに、そのことにきずいた人に自分の買った値段よりも高い値段で売る。そうやってどんどん自分よりも馬鹿な人間に高値で売りつけていくゲームだと書かれていた。
そう考えるとドルが売られている理由はすでにもうみんなが知っており、ドルのショートの水準からもここからさらにドルが売られる可能性は少ないのではないだろうか。

ということでスワップも結構もらえるドルスイスのドル会を仕掛けてみようと思う。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ドルスイス1.2178で10万通貨かいました。

ユーロドルのドル買いもいいかもしれませんねー。
もうちょっと様子見してから買うかもしれません。
2007/06/07(木) 15:27:45 | URL | kizaokun46 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kizaokun46.blog89.fc2.com/tb.php/72-8395baff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。