システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ・カンボジア旅行07年9月
23日目 再びパタヤへ

今日はタイとの国境の町パイリンへ行く予定で、
バスではなくてピックアップトラック、タクシー乗り場に9時ぐらいに向かいました。
場所は前の日に確認していたのですんなりと着き、
運転手らしき人にどこに行くんだと聞かれたのでパイリンと答えると、
あっちだといわれてそっちの方に歩いていくと、
その男が戻ってきてなんだかんだカンボジア語でいって、
パイリンに行くというようなことを言っていたのでそのまま着いていくと、
車の中か外かと聞かれ中だというと5ドルといってきた。
今までバスを使って旅行してきてプノンペンーシェムリアップ、
プノンペンーバッタンバンがともに4ドルだったので、
高いと思い3ドルというと簡単にOKとなった。
たぶんもう少し安いのでしょう。
席は運転席の後ろでした。

ピックアップトラックは12時ごろにどこかの町に着きみんなが車から降りだしたので、
シソポソのバスステーション

私も降りて運転手の助手らしきひとに、
ここはパイリンですか?と聞くとそうだとうなずいたので、
そのまま国境に向かうタクシーかバイクを捜そうとすると、
相手から寄ってきてタクシーは600B、
バイクは500Bだといってくる。
いくら有名じゃない国境といえども10ドル以上はボッタクリだろうと断ると400Bぐらいまで落ちてきたが、
なんとなく高いような気がして、ほかの人にも値段を聞いてみようと思い、
歩いて違うバイタクに聞いてみると300Bで行ってくれるということに成りバイクで行こうかなーと思っていると、
さっきのバイタクの運転手が200Bでタクシーがあるからそれにのれというので、
200Bのタクシーにすることにした。
(この200Bもたかいのだけど)

しかしタクシーは前の席に2人、後ろの席に4人乗るようになっており、
広く席を占有するとお金が余計に掛かるらしく、
助手席を一人で座ると300Bだとか言ってきたり、
なんだかんだ金にうるさかったのでふとこのタクシーはどこに行くのか。
まただまされるのではないかと心配に成り、
このタクシーはどこに行くんだと聞くと、
ポイペトに行くと答えるのでびっくりして、
私はパイリンに行きたいんだだから降りるといって結局このタクシーから降りた。
その後いろいろ聞いてみると私がいる町はシソポソということがわかり、
またもやバッタンバンの人間にだまされたことがわかり、
ここからはバスもあるはずで、200B=5ドル以上も出してタクシーで国境に向かうのもバカらしくなったので、
ご飯を食べて地図を見ながらバス乗り場を探すことにした。

シソポソは3つのタクシー乗り場が行く方面ごとにあり、
ポイペト方面に行くタクシー乗り場は私がいる位置より北のほうにあったのでそこに向かった。

歩いているとタクシーが結構並んでおり、
運転手らしき人が声をかけてきた。
相手は5ドルといってきたが私はバスがあると思っていたので、
強気に2ドルというと相手が3ドルといってきたが、
私は2ドルを譲らず交渉決裂。
しかし、近くにいたほかのドライバーは2ドルでもいいといってくれたので、そのタクシーで行くことにした。

国境には3時30分ぐらいに到着し簡単にタイ入国終了。
いつもどおり市場でソンテオに乗ってバスステーションへ。
しかしここでまたスコールが、今回の旅行は本当に雨が多いです。
バスステーション到着後どこに行こうか迷っていたが、
カンボジアでは夜遊びができなかったので、
ビールが安くておいしいパタヤに行くことにしました。
4時ぐらいのバスに乗って9時ぐらいにパタヤについてソイブッカオのとおりで宿探しをしました。
今回は450Bエアコン付きの部屋で+40Bでインターネットができるところにしました。
ソイブッカオは前回のアパートといいワイヤレスインターネットができるところが意外と多いみたいです。
ホテルを決めてからご飯を食べに行ってすぐ寝てしまいました。
せっかくパタヤに着たのに意味がないです。

ウィナーインホテル

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kizaokun46.blog89.fc2.com/tb.php/206-c920badd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。