システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドルの急落はありえるのか?
今回のサブプライムローン問題でドルの急落を予想する向きが多いのですが、
実際どうなったか見てみると、
      8月8日終値 8月21日終値
ドル円   117.93  114.43
ユーロドル 1.3792  1.3463
ポンドドル 2.0368  1.9815
豪米ドル  0.8631  0.8010
ドルカナダ 1.0479  1.0645
ドルスイス 1.1957  1.2060

と円ではたしかにサブプライム問題以降ドルは安くなっているが、
それ以外の通貨に対してはほとんどドルが高くなっているのである。

ドルに関しては「ドルが高くなる」といっている人にあったことがなく、
相場をやっている人の誰もがドルがやすくなると思っているし(私もそう思っているが)、
その安くなる理由を知っている。

相場の格言に「人の行く裏に道あり、花の山」、「知ったらしまい」という言葉があり、
みんなと逆のことをすると儲かるということと、
みんながそのことがわかれば底が相場の終わりだという事です。
つまりドルが安くなるということを多くのアナリストが予測し、
相場をやっている人たちがその理由をしってしまうとその相場は終わることを意味しており、
今回のサブプライム問題でのドル高は今までのドル安トレンドの終わりを意味していたのではないだろうか?
そう考えると安易なドル売りはちょっと怖いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kizaokun46.blog89.fc2.com/tb.php/162-82252361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。