システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替動かないですねー
先週円高が来て、
月曜日火曜日で戻して、
その後こう着状態という感じですねー。

チャートを見ているといつ円安に行ってもよさそうな感じなのですが、
いつもだましになって、
また安値を試すというボックス圏なのでしょうか?
ユーロドルのチャートも1.30を超えてきてユーロ高と思うと、
またドル高方向に行って全快の安値を越す前にまた1.30を試すというながれ、
でもそろそろ円高にしてもドル高にしても、
修正してもいいように思うのですが、
もうはまだなりという格言もあるみたいですし、
参考にしているブログでも円安よりも円高のリスクを見ているようですから、
まだ円売りはやめたほうが良いのかもしれません。
スポンサーサイト
空港占拠2
空港占拠問題は軍隊が介入するかもしれないようです。
また軍事クーデターでも起きるのでしょうか?
でもたぶんタイの治安はそれほど変化がないと思います。
ただ、今回の空港閉鎖で観光客の人にはかなりのダメージがあるようです。

今回のような飛行機の欠航があった場合は、
どうやら26、27日の飛べなかった人たちはキャンセル待ちをしなければいけなく、
明日の便がもしでたら28日のチケットを持っている人は予定通り飛ぶことができるようです。
そうなると、26、27日の人たちはかわいそうですねー。
空港占拠
されているみたいですねー。
このごろ忙しくてネットとかもあまり見ていないのですが、
うわさによるとタクシン派の首相が外遊に行って、
タイに戻ってくるのでそれに対してタクシン反対派が、
その首相の帰国を妨害するために空港でデモ?
占拠しているらしいです。

ちなみにその首相の帰国は26日で、
明日の27日も予定されているみたいです。

さらにタクシン派の人たちも空港に駆けつけるみたいなので、
タクシン派VSタクシン反対派の衝突になりそうです。
今までの軍事クーデターとかはまったく危なくなかったのですが、
今度の市民VS市民の方がちょっと怖そうだけど、
結局は一部地域だけだと思います。
海へ 2日目
10時過ぎにチェックアウトして海に向かうべくソンテオ乗り場に歩いていくと、
白人の女性が2人歩いており、
どこに行くのかなーと思っていると同じソンテオに乗ったので、
リービーチは結構人気があるのなかなーと思い1時間ちょっとぐらい車に乗っていると、
軍艦が見えてきて海と海の家が・・・・

とりあえず降りて30Bを払って改めて周りを見回してみると、
海は波が強く青というよりは砂の色の茶色っぽい色(TT)
でお店は確かにあるけど人が見当たらない・・・・(><)
でもせっかく来たのだからと海沿いを歩きながら宿でも探そうかなーと歩くが、
本当に人がいなく呼び込みの人だけだし、
ホテルもなく宿もどれがそうだかわからないような地元の家ばかり、
結構歩くが宿らしきものも見つからずあきらめかけたときに、
呼び込みの人が部屋があるよというので、
その話を聞くためにその屋台で何かを食べることに、
メニューを見てせっかく来たのだからとカキを食べることに、
値段は150-180-200とかいてあったのですが、
来て見るとカキが5個で結構大きかったので、
200Bでも安いかもと思って波が強い海で少し遊び、
お会計をもらうとカキは1個50Bで250Bと、
微妙にぼったくられこれでは宿の方も期待できないなーと思い、
あきらめて軍艦チュンポンを見学してぶらぶらして、
4時の最後のソンテオを待っているとさっきの店屋の親父が現れて、
ソンテオもうないかもしれないから俺が送って行ってやる。
でもガソリンが高いから200Bくれといってくる。
やっぱりあの店はボッタクリだったんだなーと思いながら、
ちょっと待っていると、
3時30分ぐらいにソンテオが来たのでそのままチュンポンの街中まで行き、
バスターミナルに行って切符を買って、
翌朝5時ぐらいにバンコクに戻ってきました。
田舎はもうちょっとゆっくり周らないとやっぱり楽しくないですねー。

海へ 1日目
前の日は3時過ぎぐらいまで友達とディスコに行って飲んで、
おきたのは10時前で、
シャワーを浴びて用意をして部屋を出たのは11時過ぎ、
サーイターイのバスターミナルは初めてでどこにあるかわからないが、
511番と507番が行くらしいので、
これにのれば何とかつけるだろうということで、
タノンスクンビットへ運良くすぐに507が来たので乗るが、
プラカノンからはラマ4世ーシーロムーフォラーンポーンー中華街ーカオサンーピンクラオといって、
何もないところをひたすら飛ばして約1時間30分ぐらいかけて到着。

何もないところにあるバスターミナルですが新しく建てたばかりのようで、
とてもきれいだったのですが、
バスの数がとても少なくチュンポン行きも朝昼晩にそれぞれ1本ずつ、
という感じで会社も2,3社ぐらいしかなかったように思います。

しょうがなく2時30分ぐらい発373Bの1等の切符を買って、
フードコートセンターで暇つぶしをしてバスへ。

そうするとバスで向かいいれてくれたのはおかまでした。
タイではオカマが仕事をしていることはよくあるのですが、
まさかバスのサービスをしてくれる仕事をオカマがやっているとは思わず、
改めてタイのオカマが社会的に地位を得ていることにびっくりしました。

バスの方は4時間ほどで食事休憩のため止まったのですが、
いつものようにバスチケットを渡して好きなものを食べる方式ではなく、
ご飯とおかずが5品ぐらい置いてあるテーブルに5人ずつ座って食べるという、
今までにない方式でした。
全然知らないタイ人と同じ席で食べるのはちょっと苦痛ですねー。

食事休憩は20分だけという短時間で、
あっという間にバスに戻ってすぐ出発。
そしてチュンポンに着いたのは9時ぐらいで、
予定では海が見えるところに泊まる予定でしたが、
チュンポンの街中に泊まることにしました。
値段の方はファンだと300B前後、
エアコンだと400B前後と意外と高く、
ファンの部屋だと部屋を見せてもらったときにゴキブリが部屋の中にいたり、
外国人とタイ人で値段が違ったりとかあまり気に入る部屋がなかったのですが、
仕方なく外国人だと300B、タイ人だと250Bのホテルに泊まりました。

海へ 0日目
仕事が始まるまで1週間あるので、
海にでも行って最後の休みを満喫しようと思い、
どこの海に行こうかと考えてみると、
チャーン島とかサメットとかの東部地方は行ったことがあるが、
南部地方の海に入ったことがないことに気が付き、
南部方面に旅立ってみようと思いどこにしようか悩んでいたのですが、
昔タイ語学校に行っていたときのファランがチュンポンがきれいだったという言葉を思い出し、
チュンポンに行くことに決定した。

このチュンポンだが地球の歩き方に出てくるのは、
タオ島に行くための中継地点として出てくる以外には、
リービーチぐらいで島に行かないならここに行くしかなく目的地は必然的に決まってしまった。

後問題はいつ行くかであるが、
友達に会ったりしていろいろ忙しく日程の予定がなかなか立たず、
結局飲んだ次の日の朝おきてから出発ということになってしまった。

日本へ 7日目
今日の飛行機は成田18:35発で出発までに7時間ぐらいあり、
上野を14時30分ぐらいに出れば充分間に合う計算になり、
カプセルホテルのチェックアウトが11時だから、
4時間ぐらいをどうつぶそうかと思っていたら、
目の前にパチンコ屋があったのでまた行ってしまいました。

狙うは1円パチンコ。
と思ってやった台は全然周らないなーと思ったら、
普通の4円のパチンコ台(TT)
あっという間に1000円がなくなり、
失敗したなーと思ってしっかりと1円パチンコの台にリベンジを仕掛けに行くと、
確率が99%なだけあって400円で初あたりが♪。
その後も結構遊べたのですが玉がなくなったので終了。

まだ時間が1時間30分ほどあったのですが、
やっぱりパチンコは無駄ではないかということで、
マンガ喫茶のオープン席1時間280円出時間をつぶし、
まだ早いのはわかっていたけど、
2時ちょっとの電車で成田空港に向かいました。

到着したのは15時30分過ぎで、
UAのカウンターに着いてチェックインをすると、
飛行機が2時間遅れるとのこと(TT)
来るときといい帰るときといいまったくついていないです。
結局そのあたりの店をうろうろして時間をつぶして、
バンコクに着いたのは2時すごになりました。
日本へ 6日目
朝8時前ぐらいに東京駅について、
そのまま重いスーツケースを持って上野駅に、
そしてコインロッカーにスーツケースを預けて今回の目的であるビザを受け取りに目黒に、
書類もしっかりそろっていたしたぶん大丈夫だろうと思いながら、
お金を払った書類を提出すると私が出した申請書などの書類が一緒に、
目の間に出されて、
書類が返される=だめなのかと思っていたら、
係員がパスポートを見ながらシングルですねー。
といいながらパスポートを渡してくれて無事にビジネスビザを習得し、
そのまま上野に。

今日は学生時代の友達と会う約束もあるがその時間まで、
時間がありいつものようにマンガ喫茶で時間をすごそうかと思っていると、
カプセルホテルのチェックインの時間が12時からで、
チェックアウトが11時という記載があり、
これはマンガ喫茶よりもお得なので、
昼の1時前からカプセルホテルに3600円でチェックインし、
一眠りしてから夕方飲みにいきました。

日本へ 5日目
今日が青森最後の日なので、
お土産とかを買いにベニーマートという地元のスーパーとかを回ってきました。

お土産については結構考えるのですが、
お菓子とかはよくもっていくし、
あまりおいしかったということも聞かないので、
(というかタイ人はあまり持っていったお土産についての批評を聞いたことがないのですが)
この時期は青森産のりんごはおいしいのでやっぱりこれがいいのではないかということで、
りんごを10個ぐらい買って自分用にお酒と、
この前もらって評判が良かった梅酒を買って入れてみると、
かなりの重さに、
しかも今回はパソコンも持って帰るのでスーツケーつがいっぱいになり、
そのほかのリュックまでいっぱいの上にパソコンで重たくなって、
空港でのチェックインがちょっと心配になったけど、
その重いスーツケースを持って夜出発の夜行バスに乗って東京に向かいます。

日本へ 4日目
今回実家に戻ってやらないといけない筆頭である住民届けの変更をやりにいき、
無事に住民票を青森から抜くことに成功。
そして国民年金のほうはしっかりと払い続けることができるようなので、
その手続きもしてきました。
やはりこんな生活をしていると老後のための備えもないし、
なにもないので国民年金ぐらいは払っていこうと思っています。

その後今年の5月にデジカメのレンズ内にごみが入っているようなので、
それを直してもらいに買った店に、
保障内だから無料で直してもらえるのは知っていたのですが、
直す期間が短ければそのまま持ってこれるなーと思っていたのですが、
これはさすがに2週間ぐらい掛かるといわれてもって帰るのは断念し、
家に帰って今日もゆっくりしました。
日本へ 3日目
今日も朝早くから行動です。
といってもマンガ喫茶の時間制だから夜早く入るとどうしても朝早くなってしまい、
しょうがなく朝8時前には行動開始して目黒に、
でも目黒でも時間が余ったので駅前でコーヒーを飲みながら朝ごはんを食べて大使館へ、
昨日農地に申請書類とかは会社からもらいマンガ喫茶で記入しておいたので、
簡単に提出して9000円払って終了。

ビジネスビザはどこでも取れるのに、
このためだけに日本に戻ってきたのは本当に無駄である。
そのまま上野に戻り回数券を切符屋で購入して、
新幹線を使って青森には夕方すぎにつきました。

日本へ 2日目
今日は本社に行くことになっていて、
時間指定はないのですがなるべく午前中にと思い、
8時過ぎには横浜を出発したのですが、
まだそんなにラッシュじゃないと思いますが混んでいますねー。
でも東京から地方に行く下り路線に乗った瞬間すいてますねー。

ということで目的地について次はバスで移動。
やはり都会はバス代も安く結構早めに会社に到着。

あまり連絡を取っていなかったのですが、
タイの会社から渡されてきた書類を渡し、
一応自分が帰る日時を伝えると、
間に合わないとの答えが・・・・・
タイで聞いたときには1週間ぐらいで取れるのではないかということでしたが、
問題発生で結局自分で目黒のタイ大使館に行くことになりましたが、
受付時間は11:45までで今日中の提出は断念。

しかも書類は2時以降に取りに来てくれということで、
何もないところで3時間ぐらい暇つぶしをしなければいけなくなり、
歩くとパチコンしかなくしょうがなくパチンコへ、
もちろんやるのは1円パチンコで遊べればいいなーと思っていたら、
必殺仕事人当たりました♪
しかも1時30分近くになったところでなんか感じがよくあたりだして、
11連ちゃんして結局3時ちょっとに会社に・・・・

会社では書類をもらってそのまま上野へ、
予定ではそのまま帰る予定だったので帰りのバスをキャンセルして、
今日のパチンコで勝ったお金で明日電車で帰ることにして、
今日もマンガ喫茶に泊まることにしました。




日本へ 1日目
日本に帰るのは旅行でもないと思うがとりあえず、
旅行記に入れてみることにした。

朝の6時過ぎの便なので4時過ぎに空港に到着して、
チェックイン、別に買うものもないので空港内のコンビニでパンを買って朝食にする。
その後UAの搭乗口へ相変わらず物々しく、
まずは台に乗って危険物を持っていないかチェック、
その後手荷物をしっかりと一人一人中までチェックされるが、
私の中身は本と書類とタオルと上着なのであっという間に終了。
UAにのるたびにこのチェックだけはなんかいやですねー。

時間通りに飛行機の席に着いてそろそろ出発かというときに、
いきなり電気が落ちてエアコンもとまる。
1分ぐらいしたら復帰したけどなんかそんな飛行機で空を飛ぶのって怖いですよねー。
と思っていたら、
滑走路まで行って飛び立つ直前になったら電気系統のトラブルがあるためもどることに、
途中で落ちるよりはいいのですが、
おかげで2時間遅れの出発で、
成田に着いたのは16時すぎ到着。
その後横浜で飲むことに。
ごちそうさまでした。
とまりはマンガ喫茶に。

プラカノンの市場
今回は青森にも帰ることにしたので、
親にお土産をと思ったのですが、
だいたいのものは買って行った事があるので、
悩んだ末にシンビールとするめを買っていくことにして、
プラカノンの市場に行ってきました。

ホイクワンの市場にもするめは売っていたので、
たぶんあると思っていたのですが、
やっぱりありました。
500gぐらい入って150Bでやっぱり安い、
ビールも6本買ってスーツケースにつめるのだが、
ほかに入れるものもなくスカスカだったが、
お土産を買うためにスーツケースで行くことにした。
またアユタヤに
ビザ関係の書類をもらうためにいってきました。
前日までの話だと自分でタイ大使館に行くのだろうと思っていたのですが、
どうやら本社まで書類を届けて、
あとは本社がいつも使っている旅行会社が代行でビザを取ってくれるらしい、
その後本社の位置などを聞いて30分ぐらいで、
バンコクに戻ってきて最近調子が良かったディトレを、
しかし、大敗を・・・・
仕事が決まってから木曜日金曜日とひどい目にあっています。
日本へ
人材紹介会社との連絡で、
会社の方から日本でビザを取ってほしいということになり、
急遽日本に行くことになりました。
ネットで調べてみるとUAのチケットが30日オープンで9900B,
燃料サーチャージを入れると20000Bぐらいであるようなので、
それで行くことにしました。

それにしても日本で取るのってめんどくさいのですが、
ついでにデジカメのおかしくなったのをなおしたり、
国民年金保険のことや住民票のこともやってきます。
ビザ取り
この前ラオスにとりに行ったビザが後ア週間ほどで切れることに成り、
そのことを人材派遣会社に聞いてみると、
会社の方に連絡してみるということになり、
その後の連絡では来週の月曜日から働くことはなくなり、
ビザを取りに入ってくれということになった、
その後の人材紹介会社とのやりとりでは、
ペナントかシンガポールがいいのではないのかということなので、
エアアジアを調べてみると燃料サージとかいれると、
5000Bで往復できるのでペナンかシンガポールにでも行こうかと思いましたが、
やっぱり言葉が通じやすいラオスのビエンチャンに行って、
だめだったら南下ということにしようかなーと決定しました。
それにしてもビザは面倒ですねー。
観光ビザと違い必要な書類集めしないといけないです。

サムットプラカーンへ
サムットプラカーンの面接の前に、
アユタヤの工場から内定をもらいました。
どうしようかなーと思いながらサムットプラカーンに行ってきました。

プラカノンからは思った以上に近く、
あっという間についてしまい、
ビルの下のいすで本を読んで時間をすごしてから面接に、
結構ながく住んでいる人らしく、
タイについてもいろいろと勉強になりました。
でも、面接の方はいろいろと調べてからもう一回面接があるかもしれないといわれたので、
場所といい会社の感じもよさそうだったけど、
アユタヤに受かったのも何かの縁だなーと思い、
アユタヤにすることを自在登録会社の人に連絡してアユタヤに行くことが決定しました。

というわけで、
皆さんに心配させましたがやっと就職が決まりました。

3度目のアユタヤに
またもやアユタヤの面接で、
今度は今まで行っていたロジャナよりもさらに遠くの工場団地で、
アヌサワリーからもロトゥーが出ているらしいので、
いつもよりも早く出てアヌサワリーでロトゥーを探してみると、
いつも乗るところのほかにも、
センチュリーのところ、ほかにも歩道橋をわたって反対側にもロトゥーがあり、
結構いろんなところに行くバスがあり、
私の目的のバスもしっかりあり、
80B払ってバンパハンへ。

思っていたよりも早く到着したので、
そのあたりを散策してみたのですが、
何もありません(TT)

予定の時間になり会社に行って面接の部屋に入ると、
5人も面接官が・・・・
でもあまり聞かれることもなくあっという間に終わりました。
さすがにだいぶ慣れてきたのでしょう。
次はサムットプラカーンです。
引越し
ちょっと知り合いの引越しを手伝ったのですが、
タイの引越しというのはあっという間で、
荷物を箱に詰めたりするということもなく、
テレビとかテーブルもそのまま車の荷台に積んで終わりになる。
傷がつくとかまったく考えず、
とりあえず運べばよいである。
もちろんだから箱に詰めるではなく、
適当に運べればよいのである。

そして車を呼ぶのだが、
たまたま部屋代を払いに行ったところの人が、
物を運ぶ仕事をやっていたらしく面倒なのでその人にお願いすることに、
タクシーで100Bもしない距離なのに言い値が700B。
あまりに高くてびっくりしたけど、
一応値切って600Bになったのでお願いしたのですが、

部屋を見て次に行ったのがカーヨックです。
つまり運び賃です。
部屋から車まで、車から部屋まで運ぶときの手間賃を要求してきたのです。
600Bの中に含まれていると思っていたので、
かなり驚いたのですが、
その知り合いが相手の言うままに200BでOKしてしまったので、
結局タクシーなら100Bの距離が合計800Bの支出になりました。

確かにソファーとかテレビ、テーブルがあって、
タクシーでは絶対にいけないけど高すぎですよねー。
ミンブリーへ
今回の面接はミンブリーで聞いたことはあるけど、
行ったことがないところで、
どうやらスワナンプーン空港の北にある地区で、
バンコク県の一部みたいです。
行き方はパプンヨーティンのセントラルラップラオからロトゥーが出ているみたいですが、
地図を見るとプラカノンからだと遠回りになるような気がするし、
バンコクバスマップにもミンブリー行きのバスなるものがあるので、
スーツを着てエアコンバスを使っていってみることにした。

プラカノンからもミンブリー行きのバスが出ているようですが、
エアコンバスを優先してとりあえず、
ラムカムヘンかラップラオどおりに出てからの乗り換えで行くことにした。

ラムカムヘンはいつも込んでいるのですがあっという間に、
ザモールバーンガピにちょっと時間をつぶして、
ミンブリ行きのバスで地図を見つめながら周りを見渡していると、
結構高い建物もなく田舎でした。
道も余り込んでいなくまた時間があまってしまい、
インターネット屋で時間をつぶして工場へ、
面接官は2人。
一人の人は良そうな感じですが、
もう一人の上司のほうがあまりよさそうではないので、
多分ここもだめでしょう。

意外と受からないものです。
オンヌット
プラカノンとオンヌットは隣同士なのに、
あまり行く機会がなかったのですが、
ちょっと用事があって行ってみました。

駅前に前から気になっていた市場があり、
何があるのかなーとのぞいてみると、
生ビールが飲めて生バンドがいました。
間違いなく安く飲めそうで機会があれば行ってみたいような。
そのほかは服屋さんが多かったのですが、
もう一軒ビールが飲めるお店があってなかなか面白そうでした。

また日本のドラマのDVDもうっており、
その値段も1枚50Bと格安でした。
思わず衝動買いしたのですが、
ドラマ1シリーズが5枚のDVDになるらしく、
250Bもかかりました。
これだったらシーロムの1枚100Bで2枚に入れてあるほうが安く、
ちょっと失敗してしまいました。
あまりにも
面接で落ちるので人材紹介会社によばれて、
面接のこつとかを教わってきました。
これで次は何とかなるかもしれません。
しかも金曜日から火曜日にかけて3社の面接が決まりました。
今回勉強したことが生かせればなーと思っています。

相場のほうは売ったのはすぐに損きりにかかってしまいました。
ドルは99円台が固いし、
どっちにも動かないですねー。
日足ではもう少し戻していいかなーと思っているのですが、
100円越さないしどっちにしようか迷っています。
再びアユタヤへ
この前行ったアユタヤのロジャナ工業団地にまた行くことになりました。
今回は購買のお仕事で、
結構有名な企業でまず無理だなーと思いながら行ってきました。
場所は前回も行ってるので簡単に近くまでロットトゥーでいき、
少し時間をつぶしてからバイタクでその工場まで連れて行ってもらったのですが、
降りたところは裏口らしくそこから正面入り口まで結構歩き、
正面入り口ではガードマンに右の建物といわれていってみると、
ちがって左の建物へちょっと早めにつくようにしていたのですが、
どたばたがあってほとんど時間ぴったりに到着。
工場は大きいと結構いろいろ歩いて意外と時間がかかる場合があるようです。

面接はいつもどおりになぜタイにいるのかとそんなことを聞かれて終了。
でも印象はあまりよくないです。

帰りはいつものように2等のバスを拾ってモチットへ、
モチットからはバスに乗ってBTSに行ってプラカノンへ、
遠いいですねー。
売りたいなー
日足のチャートを見ていると売りたくなってきます。
でもMACDはマイナス圏でのゴールデンクロスを作っています。
ボリンジャーは中心線で今まで売られてきたし、
ポイントになっているようですが、
ストップロスをおけばいいかなー。
うーん。売ってみます。
シーラチャの次は
アユタヤにある企業の面接に行ってきました。
といっても、面接場所はバンコク、
とても近くて安心して行ったら、
工場と違ってぜんぜん見つからなくてあせって、
紹介してくれたところに電話したところ、
ビルの中にあるらしく、
ビルに入っている会社をチェックするとやっと発見。
今までは工場に直接行っていたので場所が発見しく、
今回の会社も工場で働くのだからもちろん大きな建物のイメージで、
ソイの番号とかぐらいしか覚えていなかったのでちょっと失敗でした。
面接のほうはいつものように同じようなことを聞かれて終了。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。