システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市場で買い物
歩いてすぐ近くにプラカノンの市場があるので行ってみたら、
野菜、魚介類、生活雑貨とけっこういろんなものを売っていました。
その中で私が引かれたものはマンゴスティンです。
タイの果物の中で一番すきなのがマンゴスティンで、
雨季の時期にとれるのですが、
タイに来てからあまり見かけなかったので、
時期がちょっと遅かったのかなーと思っていたのですが、
今日たまたま売っていたので1kg28Bで買ってみました。
マンゴスティン
スポンサーサイト
久しぶりにシーロムに
行ってきました。
相変わらず屋台がたくさんあって歩きにくかったのですが、
タニヤの近くのDVDを売ってる屋台では日本の映画やドラマを売っています。
昔は1枚80Bぐらいで日本の映画とかドラマは少なかったのですが、
久しぶりに行ってみたら1枚100Bと値上がりしていたのですが、
日本のドラマの数がかなり増えていたし、
つい最近終わったばかりのドラマや、
昔のちょっと人気があったものなどあってびっくりでした。
ただ値段100Bはちょっと高い気もします。
ちなみにラオスでDVDを見たときは1枚あたり40Bでした。
ただ、日本のドラマとか映画はほとんどなかったです。



ラオスにビザ取り旅行 8日目
朝8時に集合して、そのままバスステーションに。
VIPバスの出発時刻を調べると10時。
となりのバスは1等だけど、9時40分。
歩いているとどこに行くんだと声をかけられそのままついていくと、
バスは見た目は新しく、VIPという文字があり、
バンコク行き2等バス

後10分で出発するというのでそのままチケットを購入。
370Bと聞いて安いなーと思ったけどそのまま乗車。

少しバスが走って小さなバスターミナルに入っていって、
初めてこのバスはVIPでなく、しかも1等でもなく、
最悪の2等である可能性が高いということに気がつきちょっとブルーに。

結局コンゲーンまで小さなバスターミナルに止まったり、
途中で客を拾ったりで2時間もかかり、
しかも次のコンゲーンでは客を捕まえるために、
30分以上も停車して2人掛けのいすにも無理やり3人座らせたり、
真ん中の通路もいすを置いて座らせたりとかなり多くの客を乗せて出発。
この時点で次のコラートではVIPとか、1等がたくさんあるので、
乗り換える決意をして我慢していました。

でも次のコラートまでは途中で客を拾うこともほとんどなく、
小さなバスターミナルによっても客がいなかったら止まることもなく、
そのまま通り過ぎてコラートについたのは思ったよりも早てラッキーだったのですが、
コラートで降りる準備をしてとまったら速攻で降りようとしていたら、
ここのバスターミナルも入ったのはいいけど乗る人がいなかったらしく、
泊まらずに素通り。。。。
結局降りることもできずにそのままバンコクまで2等で行きました。
かかった時間は10時間ちょうどぐらい。
思ったよりも早いバンコク到着して今回のラオスにビザ取り旅行が終了しました。
ラオスにビザ取り旅行 7日目
帰りは12時間ぐらいかかり朝の6時過ぎにT2バスステーションに到着。
ここでソンテオがあったので値段を聞いてみると全部一人当たり10000キップと高い。
いくら調べても一人10000キップが変わらず、
どうやらラオスで乗り物に乗るときには、
一人いくらが基本でたくさん乗ろうが安くなることはなかった。

店が開くのはだいたい8時ぐらいからで、
この前食べたサンドウィッチの店で軽く食事をしてから、
ビエンチャンでサンドウィッチ

ネット屋さんへ直行。
1時間ちょっとネットをしてもビザ発給の午後1時まで時間があり、
荷物を持ったままタラートサオへまた行ってきました。
ここでも時間つぶしで喫茶店へ。
ここで数時間時間をつぶしてやっと午後1時近くなったので、
私はバスターミナルに移動。

バスターミナルから14時発の80Bでウドンタニー行きのチケットを買いやっとラオスを脱出。
ウドンタニーには2時間ぐらいで到着。
今夜はウドンタニーにとまることにしてバスターミナル付近のホテルを探索して、
扇風機の部屋250Bに泊まることにして、
ロビンソンデパートにご飯を食べに行ってそのまま帰宅して、
8時ごろから夜の散策に出かけてきました。

ここはめずらしくバービアが10数軒あり、
白人が結構いました。
ビールも安く、結構楽しく飲んでそのままホテルに帰宅。
ラオスにビザ取り旅行 6日目
ルアンパバーングでは朝の托鉢が有名らしく、
ルアンパバーング朝の托鉢

朝6時ちょっと前に起きてメインストリートに行ってきましたが、
観光客に托鉢セットを売っている人が多く、
タンブンうりのおばちゃん

托鉢をやっている人も現地の人が少なそうでなんとなくがっかりしてホテルに帰宅。

ホテルでは川を眺めながらゆったりと朝食を取ってから、
ルアンパバーングのワットシェントーン、ワットマイ、ワットプーシーなどをみてきました。
ワットシェラトーン

この中で一番よかったのがワットプーシーからの眺めで、
ルアンパバーングを一望できてよかったです。
ワットプーシーからの眺め

ワットは思った以上に小さく屋根のつくりがラオス独特でした。

2時間ぐらいでルアンパバーングのだいたいの見所は見たのでいったんホテルに戻り、
12時のチェックアウトまでまたもや川を眺めながらゆったりと、
ビールを飲んだり本を読んだりしてすごし、
12時にチェックアウトをして荷物を預かってもらい、
近くでカオソーイを食べてから王宮博物館をみた後、
ルアンパバーング王宮博物館

渡し舟5000キップでメコン川を渡してもらってラオスの田舎を体験して、
メコン川の渡し舟
川を渡った村

まだ時間があるのでまた川が見える屋台でちょっと休んでから、
そのあたりをぶらぶらとしてから、
7時ちょっと前にバスステーションに行き、
エアコンバスでビエンチャンに向かいました。
ビエンチャン行きエアコンバス
ラオスへビザ取り旅行 5日目
今日はいつものだらだらモードと違って朝6時15分起床の7時集合です。
時間通りにおきて時間通りに集合してT2バスステーションへ。
7時15分ぐらいにはついて即効8時発ルアンパバーング行きVIP135000キップを購入。
39、40のシート番号で後もう少し遅かったら、
9時発のバスになるところでした。
ルアンパバーング行きVIPバス
バスのほうはVIPだからさすがに外見は立派でしたが、
雨漏りもしていました。
ルアンパバーングに行く途中は、
昨日の雨のおかげで川が増水していて洪水になっている地区もありましたが、
途中の洪水
順調にバスは走って行き9時間半ぐらいでルアンパバーングにつきました。
昼ごはんを食べてから一度も休憩なしの6時間はつらかったです。
ルアンパバーングに行く途中の山並み

今までの経験上なるべくはやくバスの予約をしようと、
バスステーションで明日の夜発のVIPバスの予約をしようと思ったのですが、
満杯でしかたなく7時30分発エアコンバス120000キップを予約して、
町までツクツクで向かいました。

宿は王宮博物館の近くにしようと思って探してみるも、
あいているところはほとんどなく、
どんどんと市中心からはなれていったのですが、
途中に川が見える立地がよさそうなホテルがあったので、
あいてないと思ったけどMさんがたずねたところ部屋があったので、
みてみると部屋からも川が見れてよさそうな部屋でしたが、
30USドルもして躊躇して違うところを見てから考えようとしてホテルの外に出たところ、
雨が降り出してきたのでこのホテルにしました。

ちょっと雨が小降りになってから、
川沿いでご飯を食べてからメインストリートにあるナイトマーケットに行きましたが、
あまりほしいものもなくそのまま帰宅。
ルアンパバーングのナイトマーケット

ラオスへビザ取り旅行 4日目
今日はビザの受取日です。
昼ちょっとすぎに起きてMさんといっしょに近くの日本料理屋さんで食事。
ここは値段も普通のラオス料理屋と変わらないし、
おいしかったです。
Mさんは午前中にビザ申請してきたそうですが、
ほとんど人がいなくて簡単に終わったそうです。

ご飯を食べた後はレンタサイクリング10000キップで借りて、
タラートサオにいってきました。
タイの市場のイメージは食材と雑貨が置いてあるという感じなのですが、
ここはいきなり冷蔵庫、テレビなどの電気製品が置いてありびっくりしました。
2階にはアクセサリーがたくさんあり、
国が違えば市場で売ってるものも違うんだなーと思いました。

タラートを出た後タイ大使館に向かおうと思ったところで、
Mさんの自転車の前タイヤがパンクしているらしく、
Mさんはそのままゲストハウスに帰還。
私はパトゥーサイをみて、タイ大使館へ。
パスポートを受け取るとめでたく観光ビザのダブルがもらえてました。
その後はビエンチャン最大の見所であるタートルアンへ。
駐輪代2000キップを払って中へ、
外から見た感じはよかったのですが中はたいしたことなかったです。
タートルアン

その後はワットホーパケオ、ワットシーサケットをみてゲストハウスに戻って、
ビエンチャン観光終了。
ワット・シーサケット

となりのネット屋さんにパソコンを持って行き1時間ほどネットをやり、
外に出ようとすると雨。
しょうがないので2、30分ほど雨宿りして小降りになったところで、
となりのMさんのゲストハウスでもう少し待ってみたのですが、
雨はやまないので昼も食べたそのとなりの日本料理屋さんで夕食も食べることに。
おいしかったです。

雨は小降りだったのでちょっとビールを飲みにナイトクラブとか行ってみたのですが、
ビールが15000キップとあまり変わらなかったです。
ほかにも散策してみようと思ったのですが、
雨がやまなかったのであきらめてそのまま帰宅。
寝ている最終に豪雨になったみたいで、
雨が天井をたたく音がうるさかったです。
原油から金??
原油は暴落しているみたいで、
日本の市場は連続SLしています。
チャートを見ると上昇トレンドが終わった気がします。
ついでに為替のほうも乱高下がすごく激しく、
またそろそろ何か動きがあるのかなーと思うほどです。

その中で比較的好調なのが金価格みたいです。
穀物、原油とチャートを見ると崩れてきているように思えるのですが、
金価格はその中ではまだ一番まともで上昇トレンドを維持しているように見えます。

でも商品自体が暴落している中で果たして金だけが上昇できるのでしょうか?
そう考えるとどの商品も暴落するかもしれませんが、
金はリスクヘッジとしての役割もあるし金だけはほかの商品と違った動きをするかもしれません。
ラオスにビザ取り旅行 3日目
私の部屋はファンなのですが、
ファンがとても寒かった。
しかも頭がすごく痛い。
昨日のラオビールがよくなかったみたいです。
安い分だけなんか危ない物質でも入っているのでしょうか。
もうラオビールは飲まないことに決めて、
昼すぎまで寝ていたのですが、
今日はMさんがビエンチャンに到着するのでがんばって起きて、
町をちょっと歩いてサンドイッチのハーフ6000ギップ、
パイナップルシェイク5000ギップで軽い食事をして、
またお部屋に戻って一休み♪
その後ネット屋に行ってから川沿いの屋台でお食事。
チュムチュム、ガイヤーング、カーニャオ、ラオビールをほんの二口ほどつきあって、
その後はまた川沿いをうろちょろして帰宅。
今日1日何をしたかまったくわからず、
無駄な日と過ごしてしまいました。
ビアラオには要注意です。
ラオスにビザ取り旅行 2日目
ウドンタニーに向かうバスは12時発の2等207B。
私は1時間30分も前に乗り込んだので席はあったのですが、
後から来た人の中には席がなくコンゲーンまで立っていた人がいました。
2等バスの中
夜だったからか思ったよりも早い朝5時にウドンタニーに到着。
ビエンチャン行きは8時が始発だったので、
そこら辺をちょっと観光してジョークを食べて、
切符売りが開くのを待ちました。
切符売りが開いたのは7時15分ぐらいでしたが、
結構人が多くいたので遅い人たちは次の10時のバスになったようです。

私は結構前のほうで並んでいたので8時のバス80Bに乗れて、
だいたい9時にはタイの国境を抜けてビエンチャンに入っていました。
でも国境の手続き等があったのでビエンチャンのバスターミナルに到着したのは10時ぐらいになっていました。
到着してすぐに向かったのはビエンチャンのタイ大使館。
申請が面倒くさいなーと思っていましたが、
思っていたよりも簡単にわからないところは係りの人とか周りの人に手伝ってもらって、
なんとか2000Bでダブルの申請してきました。
ビエンチャンのデパート
その後は町一番のデパートでバーツをギップに交換して、
歩きながら町を観光しましたが、
タイの田舎の町よりも町の規模が小さい感じがしました。
そのごゲストハウスが密集しているといわれる地区でゲストハウスを探したのですが、
密集しているといわれているがその数は10件あるのだろうかというぐらいでした。
その中でもまともそうなYOUTH INNは満杯で部屋さえも見れませんでした。
部屋が見れた中で値段と部屋がよさそうな50000ギップの部屋に泊まることにして、
さすがに疲れたので一休みして夜の散策に備えました。

夕方過ぎにおきてまず最初にネット屋に行ってきましたが、
1時間6000ギップ=30Bぐらいでしょうか。
ちょっと高いですねー。
その後パソコンを置いてご飯を食べる場所を探すも、
川沿いの屋台はちょっと高いし、
街中には食べ物屋がすくなく、
結構歩きましたがラオス人は屋台とかであまり食べないらしく、
ほとんどみあたらないし、値段が高いです。
ほとんどの料理が10000ギップ以上だいたい50Bぐらいでした。
その中で唯一安かったのがラオビールで大瓶が10000ギップで食事よりも安かったです。

適当な屋台でご飯を食べたのですが、
隣にいるラオス人はご飯を食べずにフルーツジュースを飲んでいました。
その後川沿いの屋台で川を眺めながら大瓶2本。
もう一軒ちがうところで1本空けてゲストハウスに帰宅しました。
ラオスにビザ取り旅行 1日目
ビザが16日で切れるので国外に出なければならなく、
ビザなしでいけて観光ビザも取ることができるラオスのビエンチャンに行くことにした。
ただ1日でバンコクからビエンチャンまでバスで行くのは大変なので、
どこかで1日休憩を取ってからビエンチャンまで行こうと思い、
15日は朝からバスに乗ってノンカイの近くのウドンタニー、
コンゲーンあたりに止まる予定だったのですが、
朝動き出したのは11時ごろから、
でもAISのネットシムをまだ買っていないため、
最初に向かった先はセントラルワールドトレードセンター。
ここの4階でネットシム220Bを購入して、
そこのサービスカウンターで接続の設定をしてもらいネットの接続環境はあっという間にできた。

次にバーツが少なくなっていたのでついでにスーパーリッチで3150Bで交換し、
モッチットに向かおうとしたところで、
地球の歩き方を持ってくるのを忘れていたのに気がつき、
しょうがないのでGダイヤリーを購入してやっとモッチットに向かうことができました。

バスターミナルに着いたのは15:30ごろ予定だと午前中のバスでウドンとかに向かっている予定でしたが、
かなり時間が遅れたし、
地球の歩き方がないので地図がないため途中の変な町だと迷う恐れが、
仕方がないのでGダイヤリーにも地図が載っていて、
まだ行ったことがないコラートに向かうことにしました。

コラート行きのバスは16時発227B。
コラート行きバス
ちょっと時間をつぶしてからバスに乗ったのですが、
結構古いバスでエアコンの効きも悪くちょっと暑かったけど、
19時30分にはコラートに到着。
バスの中で友達に電話して聞いたところだとコラートからノンカイまでは7~8時間かかるのではないか?
私が思うには6~7時間ぐらい。
でもどっちにしても明日中に国境を抜けないといけないのですごく朝早くコラートを出発しなければならなく、
めんどうなのでコラートを散策してから、
夜出るバスでノンカイに向かうことにしようと思い、
とりあえず時間がつぶせるデパートに向かうことに。
第一候補はすぐ近くにあるBigC。
しかしここは9時30分でしまってしまい。
ここで路頭に迷い。

適当にソンテオにのりお堀のほうへ行こうと思ったのですが、
乗ったソンテオは逆方向のザモールの方へ。
仕方がないのでザモールで1時までやってるというお店で、
AISをつかってネットをつなぎながら暇つぶしをしていたら10時過ぎにかたずけはじめて、
結局10時ちょっとすぎに追い出される形になり、
しょうがなくソンテオで戻ろうとしたところ、
もうないみたいでツクツク50Bでバスターミナルへ。

バスターミナルではノンカーイ行きのバスを探すもいっぱいだということで、
ノンカイ行きを断念。
確かウドンタニーからもビエンチャン行きがあるといううわさがあったので、
急遽ウドンタニーに行き先を変更しました。
屋台のご飯
が1年ちょっと前に比べて確実に上がっています。
以前はクィッティアオが20Bだったのに、
今は25Bになっています。
ほかにもカオパットとか店で注文したいたのが、
この前までは25Bとか20Bだったのが、
30Bするようになりました。

ほかにもタクシーの初乗りが2kmまで35Bだったのが、
少し短くなったり、
青白バスも値段があがっていたし、
いろんなところで値段が上がっているのでしょう。

これも商品先物の暴騰によるところが多いと思いますが、
今日NON大豆が暴落してますし、
そろそろ商品市場も落ち着いてさげてほしい。

ホイクワンの屋台
ホイクワンにすんでいたときは夜の屋台は当たり前に思っていたし、
ありがたみがわからなかったのですが、
プラカノンの家の近くにあるのはご飯屋さんばかり、
お酒を飲ましてくれるところはほとんどなさそう。
しかも店が閉まる時間も早いため夜にタノンでお酒を飲むということができないです。

だから昨日も夜行くところもないので結局ホイクワンの屋台街にあるお店へ、
ここは朝の4時ぐらいまでやっていて結構使える店なのです。
でもここにいくとプラカノンまではすごいとおいい。
プラカノンはプラカノンでいいところもたくさんあるのですが、
夜飲んだり食べたりするところがあまりないようで夜遊ぶが好きな私にとってはちょっと不満です。
就職活動
相場がひどい状態なので、
このままでは数ヵ月後にはまた日本に戻って、
派遣生活をしなければならないので、
今回はだめもとでスーツを持ってきて就職活動をする予定でしたが、
めんどくさがり屋なので今まで何もしてなかったのですが、
結構お金も使ったし部屋も決まったので、
ネットでいろいろ調べたりしてたら、
オンライン登録ができるところがあり、
そこに登録したらすぐに相手から電話があり、
金曜日に面接してきました。

英語の履歴書等まったく用意していなかったので、
そこで簡単な英語の履歴書を書かされたのですが、
英語がまったくわからなくほとんどかけなかった。
しかも職歴もほとんどなく、年齢も30を超えているので、
ほとんど仕事はないといわれてしまいました。

でもまったく挑戦しないでやめるよりも、
だめもとで就職活動がんばります。
ナコンパトムへ
昨日は知り合いが通っているシンラパーゴン大学に行くために、
バンコクの隣の県のナコンパトムに行ってきました。

まず最初に行ったのはチャオプラヤ川をわたったトンブリ地区のピンクラオ。
このピンクラオ地区は結構発展していて、
大きなデパートも何件かあり、
今回はその中の一番遠くにあるセントラルピンクラオにいってきた。
セントラルピンクラオ

中は広くたくさんの店があったけど、
人は少なく日本人はみかけなかったけど、
白人は見かけた。
そんないなかのセントラルをちょっとすぎたところに、
ロットトゥーがとまっており、
ここから約40分40Bでシンラパーゴン大学にいってきました。
マハーウィッターライシンラパーゴン

ここの大学は日本語で言うと芸術大学だそうです。
周りには何もなくただのんびりとしたい中という感じで、
おおきなとかげもいた。
トカゲの大きいやつ

ただ残念だったのは、
あるブログでは楽しそうな大学生活や高校生活の写真をとったりしていたのですが、
私たちは校内に入ったのみで、
校舎内に立ち寄ることもなくせっかく行ったのにちょっと残念でした。

その後はナコンパトム唯一の観光地(たぶん)と思われるジェディーを見てきました。
ナコンパトムジェディー

150年ほど前に作られた仏塔らしく表面をタイルで覆っており、
ちょっと変わっていた。

でもこのジェディーの周りにあるのは屋台街だけらしく、
そのほか見るところもなくあっという間に観光が終わり、
滞在時間3時間程度で帰りのロットゥーにのってバンコクに帰ってきました。

以前カンチャナブリに電車で行ったときにナコンパトムの駅から見えたジェディーは、
とても印象的だったのですが、
実際近くで見てみるとたいしたこともなくちょっとがっかりでした。

今度は16日でビザが切れるので、
ラオス方面に行ってくる予定です。

風邪をひく
タイでは風邪がはやっているらしく、
友達が最近数人風邪をひいた話を聞いていたが、
私もおとといのよるちょっと寒気を感じて、
昨日は起きたときから体がだるく熱があった。
薬を飲んでちょっと安静にしていたら今日は熱も下がったし、
体のだるさもほとんどないけど、
のどの痛みが少し残っています。

相場のほうは原油の値段が高値の145ドルから10ドルぐらい下げて、
135ドルぐらいに落ちてきていますが、
そろそろ原油相場も終わったのでしょうか?
でもまだ長期戦を下回っていないので上昇トレンド継続中です。
クロス円も少し円高に戻してきていますが、
こちらもどうなるのか、タイに住んでる私は円高大歓迎なのですが、
日本政府の方針はいつも大企業のことを考えての円安方針。
庶民はものが安く買える円高のほうが恩恵を受けるのに。
プラカノンは雨
昨日は6回ぐらいも雨が降りました。
午後に2回、夜になってから4回も、
降っている時間は1時間もないから短いのですが、
回数が多くてびっくりでした。
しかも友達から電話が来たので雨のことを話すと、
ラチャダーは降っていないらしく、
プラカノン方面だけのようでした。
同じバンコク市内でそんなに離れていないのに場所によって雨が降りやすいとかあるみたいです。
ひきこもり
昨日はタイに来て初めてお酒を飲みませんでした。
毎日のように飲んでいたのですが、
お金と体が続かないので昨日は家で日本にいたときに落とした「春の童話」をみています。

あいかわらず韓国ドラマは金持ちと貧乏、
三角関係(もしくは四角)、
親友との女の取り合い、
おさななじみで分かれてまた再会、
といういつもの同じパターンでした。

でも結構はまってみています。
今日もこのままドラマをみてヒッキー生活をする予定です。
外こもりのススメ
タイに来てからいろんな人に出会ったけど、
その中でもいろいろと教えれもらった人がYさんなのですが、
そのタイの師匠といえるYさんがなんと本を書いたのです。
ちょこっと中を見させてもらったのですが、
なかなか面白そうでタイの経験が浅い私にとってはとても役に立ちそうな本です。
7月4日に発売されたらしいです。
でもタイに届くのは後数日かかりそうです。

南アフリカ
商品相場で負け負けで大変なことになっていますが、
為替はまずまずなのでちょっと高金利通貨仕掛けてみようと思います。
南アフリカランドなんですが、
ちょっと上に抜けてきた感じがします。
なので、13.60で5万通貨ほどさしておきました。

このところ高金利通貨の魅力を改めて感じたので、
変えたらちょっと長く持つ予定です。
引越ししました
今日やっと新しいぷらカノンのお部屋に引越ししました。
部屋はきれいだし広くて快適なのですが、
くさいです(TT)
トイレの下水か何かが問題なのでしょうかくさいです。
それ以外はテレビと冷蔵庫が部屋についていないのが不満ですが、
BTSの駅に歩いて15分かからないぐらい、
でもモータサイだと20Bもかかります(><)
セブンイレブンが歩いて1分、
ついでに24時間の小さいロータスが2分ぐらいのところに
近くにタイの屋台がたくさん、
それに市場が歩いて3分ぐらいのところにあります。
ほかにタノンプラカノンはラムカムヘンに行くバスとか結構バスの本数が多いです。
やっぱり違う地区に住んでみるのも楽しいですねー。

部屋探し2
今回は部屋探しで苦労しましたが、
タイの学校は4、5月が休みで6月から学校が始るみたいなので、
学生たちによって部屋がなくなっていた可能性があります。
ちなみに10月にも休みがあるみたいなので、
部屋探しは4月と10月ぐらいに探すとよさそうですねー。

ほかにも部屋を探しに行くと、
シンドゥアンといわれますが、
月末に来てくれれば空くか空かないか分かるということなので、
3月の月末、9月の月末ぐらいに探すと、
結構よさそうな部屋が見つかる可能性がありそうです。

でも問題が一つあって外国人だと貸さないという感じの部屋もあります。
前日本人だけで部屋を探しに言った時には満室でずーっと空かないといわれたアパートも、
数週間後にタイ人といっしょに部屋探しに行きその子が聞いたら実際には空き室があったりと、
外国人だからとりあえず満室というようなところもありました。


部屋探し
昨日は9時ぐらいからタイ文化センター付近で少し部屋探ししてから、
プラカノン、オンヌットに部屋を探しに行きました。
タイでは部屋探しをしてくれる不動産屋さんもあるのですが、
2万B以上とかの高い物権の部屋探しを手伝ってくれるだけで、
安い部屋は自分で歩いて探すしかありません。

しかも部屋を自分で探すにはタイ語も分からないといけないし、
暑い中歩いて探さなければならず結構大変です。
さらに外国人ということで満室だとかいってくる奴もいるので、
なかなか部屋は見つからないです。

昨日も6時間ぐらい探し回ったのですが、
プラカノンで部屋を見たのは3部屋ぐらいであとは満室だといわれました。
でもこの地区はエアコンのないアパートが多いように感じました。
その代わり値段も3000B以下でしたが。

つぎにオンヌットの方ですが、
ここは駅の近くにあまりアパートがないように感じました。
値段の方も4,5000Bぐらいのエアコンつきの部屋が見られましたが、
やはりこの周辺も満室が多く見れたのは1部屋だけという散々な結果になりました。

でもプラカノンで駅から10~15分ぐらい歩いたところにある5000Bのアパートに部屋を決めてきました。
ネットは月500B6ヶ月間の契約でちょっと長いですが、
部屋はきれいだしよさそうでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。