システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上げすぎか??
金曜日のNY市場は原油と穀物は下げて貴金属は上げている。
金は史上最高値を更新しているが、
原油は先週の83.90を抜けないでいる。
また、安値から押し目もつけずに20数日の上げている。
あげすぎではないだろうか?

日本市場に目を向けてみると、
原油は54470円から28日かけて46120円まで下げて、
金曜日の53780円まで26日間かけてほとんど値段を戻してきた。
日柄で行ったら同じ日柄でほぼどうね戻した計算である。
金価格は20日間で2693から2389までさげ、
28日間かけて2763まで上げている。
日柄で言うと28日も押し目をつけないというのは長すぎるし、
移動平均との乖離も結構大きくなってきており、
そろそろ調整してもよさそうである。

ただ、為替はサボっているので為替からどうなるかはわからない。
明日は今までサボっていた為替の値段をチェックしたいと思う。
スポンサーサイト
ミャンマー
日本のニュースを見ていると日本人の使者が出たとたんミャンマーのニュースが多くなりました。
私は昨年ミャンマーに行ったのですが、
治安も良かったと思うしあまり怖い経験はなかったのですが、
今は大変みたいです。

それにしても日本のニュースは日本人が死んだとたんいろいろ放送しますねー。
韓国人がアフガニスタンで誘拐されて殺されたときは、
ほとんどニュースもやらず、
プーケットの航空機事故もあまり放送されなかったみたいです。
日本人が被害者にいるかどうかでニュースをやるのではなく、
客観的な判断でニュースをやってほしいですねー。
さんま
の刺身を久しぶりに食べました。
タイにいる時は刺身なんか食べる機会もなかったのですが、
日本は魚の種類もたくさんあるし、
やっぱりおいしいですねー。
特にさんまの刺身は昔は食べた記憶がなかったのですが、
最近食べる機会が増えたのですがとてもおいしいです。
食事だけを考えると日本がいいです。


ドル安?
ドルがクロス円以外ではかなり安くなっていますが、
ドル安の流れはこのままなのでしょうか?
商品市場でも原油、金などは市場高値を更新中。
NY株式ものほとんど値段を戻しています。
ダブルトップを作っているのだろうか?
それともドルの価値が下がっているために物の値段が上がっているインフレなのだろうか?
たぶん今一番信用できる為替の組み合わせは、
ドル売り資源国通貨もしくは、高金利通貨買いなのではないだろうか。

そこで今残っている唯一の口座AFTでこの組み合わせを調べてみると、
南アフリカ  10%
ハンガリー  7.50%
メキシコ   7.25%
オーストラリア 6.50%
ニュージランド 8.25%

をそれぞれ1万通貨ずつ運用してみようと思う。
タイ・カンボジア旅行07年9月
29日目 バンコク

明日の朝6時50分の便で日本に帰国なので、
今日が最終日です。

昼過ぎに起きて4時ぐらいからHさんと待ち合わせで最後のタイの町をぶらぶらと歩いてきました。
その後私はラップラオのカラオケやさんに行ってきました。
カラオケ自体はあまりすきではないのですが、
地元のカラオケもたまにはいいです。

その後ナナに行って最後のゴーゴーを見てから、
また地下室に♪
ここでA嬢とかにも別れを告げて12時にゲストハウスに戻って就寝です。

30日目 日本へ

朝4時ちょっとすぎにおきて、
荷物を詰めてゲストハウスをチェックアウト。
そのままタクシー191Bで空港に着きました。
UAは手荷物のチェックがあまりにも厳しくなんか嫌になりましたが、
席はエコノミープラスでエコノミーよりも若干広くて、
マイルメンバーだとここに座れる可能性が高いらしく、
手荷物チェックは厳しいけどちょっと広い席に座れるのなら、
それも悪くないかもしれません。

成田には3時に到着してそのまま京成線で上野へ、
漫画喫茶で時間をつぶしてから21時発の高速バスで朝の6時前に八戸に着きました。
およそ24時間かけて家に到着です。
やっぱり青森は遠いいです。
タイ・カンボジア旅行07年9月
28日目 バンコク

今日は昔住んでいたアパートを見てきました。
そこで手を合わせてその後クローンターイの市場へはじめていってきました。
目的はするめを買うことです。
タイのするめは安いのでそれを日本に持って帰るのです。
ビーフジャーキー等は持ち込めないみたいなので、
するめが持ち込めるかどうかはわからないのですが、
たまに親にお土産として買って行きます。
いつもはホイクワンで買っていたのですが、
泊まっているところから近いということで今回はクローンターイ市場です。
かなり大きな市場でした。
するめは1kg300B前後でした。
昔の記憶だと200Bしなかったような気がするのですが、
勘違いかもしれません。
とりあえず、500g150Bで買ってゲストハウスにもどり、

夜はソイカ、地下室、屋台、シーロムのディスコと飲んで朝の6時過ぎにゲストハウスに戻って就寝しました。
つかれました。
タイ・カンボジア旅行07年9月
27日目 バンコク

ワールドトレードセンターで日泰修好120周年記念のイベントをやっていたので行ってきました。
いつもどおりのコスプレショーでなかなか楽しかったのです。
その後はモスバーガーにいってきましたが、
モスバーガーとテリヤキバーガーが59Bと日本に比べて安かったです。
モスバーガーを食べた後はゲストハウスに直行しネットをやって、
そのまま寝てしまいました。
タイ・カンボジア旅行07年9月
26日目 バンコク

風邪も治ったのでバンコクへ高速バスで向かった。
2時間もかからずにバンコクに着きそのまま、
前回泊まっていたイーティーシー200Bに行きそこにとまることにしました。
そのままネット接続をして今までサボっていた相場のデータとかを入力したり、
だらだらとネットをやって過ごして、
夜の11時に地下に出勤し、
その後Z君お勧めのウドムスックのディスコへ行き4時ぐらいまで飲んでから帰宅しました。
タイ・カンボジア旅行07年9月
25日目 パタヤ

昨日クーラーをつけて寝てしまい、
どうやら風邪を引いてしまったようなので、
近くでご飯を食べてお部屋で寝ていました。
今回の旅行はパタヤに滞在が本当に多くなってしまいました。
タイ・カンボジア旅行07年9月
24日目 パタヤ

昼過ぎぐらいまで部屋にいて、
近くの屋台でご飯を食べてからぶらぶらとソイブッカオの探索をした。
パタヤのバービアは昼間からもやっていて白人たちはよく昼間から飲んでいるのを見かけます。
私は探索だけをしてそのまま部屋に帰ってネットをして、
夜になってからビールを飲みにバービアに行き、
たくさんビールを飲んでからホテルに帰って寝ました。
カンボジアについて
カンボジアは治安が悪いとよく聞くけど治安が悪いようには思わなかった。
ただ、私は10時にはホテルに戻っていたのでそれ以降の時間で悪くなる可能性はある。
また飲む場所や遊ぶ場所はほとんどなく、
バービアなるものはほとんど見られなかった、ただカラオケは数件見かけた。

カンボジアの料理はタイに比べて辛い料理がほとんど見られなく味も良かったと思う。
ただ値段は思っていたよりも安くなくタイと同じくらいから若干高かった。
(観光地やお店で食べていたから高かったのかもしれない)
ただホテル代はタイよりかなり安く水シャワーに扇風機なら4ドル~5ドルで、
タイよりも滞在費が安くなりそうです。

観光客に寄ってくるような人はお金のために来るので信用なりません。
タイでも同じだけど近寄ってくる人はボッタクリの人が多いです。
近寄ってこない人と交渉した方が良いみたいです。
またシェムリアップで感じたカンボジア人は美人が多いというのは、
プノンペンに入ってから訂正せざるを得なくなりました。
シェムリアップには美人が多いけどカンボジア人全体としては、
美人は多くないようです。

たぶんクメール後を話せるようになると、
カンボジアも楽しい天国になるかもしれません。
タイ・カンボジア旅行07年9月
23日目 再びパタヤへ

今日はタイとの国境の町パイリンへ行く予定で、
バスではなくてピックアップトラック、タクシー乗り場に9時ぐらいに向かいました。
場所は前の日に確認していたのですんなりと着き、
運転手らしき人にどこに行くんだと聞かれたのでパイリンと答えると、
あっちだといわれてそっちの方に歩いていくと、
その男が戻ってきてなんだかんだカンボジア語でいって、
パイリンに行くというようなことを言っていたのでそのまま着いていくと、
車の中か外かと聞かれ中だというと5ドルといってきた。
今までバスを使って旅行してきてプノンペンーシェムリアップ、
プノンペンーバッタンバンがともに4ドルだったので、
高いと思い3ドルというと簡単にOKとなった。
たぶんもう少し安いのでしょう。
席は運転席の後ろでした。

ピックアップトラックは12時ごろにどこかの町に着きみんなが車から降りだしたので、
シソポソのバスステーション

私も降りて運転手の助手らしきひとに、
ここはパイリンですか?と聞くとそうだとうなずいたので、
そのまま国境に向かうタクシーかバイクを捜そうとすると、
相手から寄ってきてタクシーは600B、
バイクは500Bだといってくる。
いくら有名じゃない国境といえども10ドル以上はボッタクリだろうと断ると400Bぐらいまで落ちてきたが、
なんとなく高いような気がして、ほかの人にも値段を聞いてみようと思い、
歩いて違うバイタクに聞いてみると300Bで行ってくれるということに成りバイクで行こうかなーと思っていると、
さっきのバイタクの運転手が200Bでタクシーがあるからそれにのれというので、
200Bのタクシーにすることにした。
(この200Bもたかいのだけど)

しかしタクシーは前の席に2人、後ろの席に4人乗るようになっており、
広く席を占有するとお金が余計に掛かるらしく、
助手席を一人で座ると300Bだとか言ってきたり、
なんだかんだ金にうるさかったのでふとこのタクシーはどこに行くのか。
まただまされるのではないかと心配に成り、
このタクシーはどこに行くんだと聞くと、
ポイペトに行くと答えるのでびっくりして、
私はパイリンに行きたいんだだから降りるといって結局このタクシーから降りた。
その後いろいろ聞いてみると私がいる町はシソポソということがわかり、
またもやバッタンバンの人間にだまされたことがわかり、
ここからはバスもあるはずで、200B=5ドル以上も出してタクシーで国境に向かうのもバカらしくなったので、
ご飯を食べて地図を見ながらバス乗り場を探すことにした。

シソポソは3つのタクシー乗り場が行く方面ごとにあり、
ポイペト方面に行くタクシー乗り場は私がいる位置より北のほうにあったのでそこに向かった。

歩いているとタクシーが結構並んでおり、
運転手らしき人が声をかけてきた。
相手は5ドルといってきたが私はバスがあると思っていたので、
強気に2ドルというと相手が3ドルといってきたが、
私は2ドルを譲らず交渉決裂。
しかし、近くにいたほかのドライバーは2ドルでもいいといってくれたので、そのタクシーで行くことにした。

国境には3時30分ぐらいに到着し簡単にタイ入国終了。
いつもどおり市場でソンテオに乗ってバスステーションへ。
しかしここでまたスコールが、今回の旅行は本当に雨が多いです。
バスステーション到着後どこに行こうか迷っていたが、
カンボジアでは夜遊びができなかったので、
ビールが安くておいしいパタヤに行くことにしました。
4時ぐらいのバスに乗って9時ぐらいにパタヤについてソイブッカオのとおりで宿探しをしました。
今回は450Bエアコン付きの部屋で+40Bでインターネットができるところにしました。
ソイブッカオは前回のアパートといいワイヤレスインターネットができるところが意外と多いみたいです。
ホテルを決めてからご飯を食べに行ってすぐ寝てしまいました。
せっかくパタヤに着たのに意味がないです。

ウィナーインホテル

タイ・カンボジア旅行07年9月
23日目 バッタンバン

朝8時のバスに乗ってバッタンバンへ途中の休憩で昨日のクモをさがしたのですが、
残念ながら見つかりませんでした。
2時ちょっと前ぐらいに5時間30分ぐらいかかってバッタンバンに到着しました。
着くちょっと前から雨が降り出して着いたときにも雨が降っていたため、
ホテルを何件かみながら探すことはあきらめて「地球の歩き方」にのっているロイヤルホテルにしました。
5ドルでファン・水シャワーの部屋ですが今までの部屋よりもきれいです。
ロイヤルホテル


着いてから1時間たっても雨がやまないので、
インターネットをやってみたのですがすごく遅くてストレスがたまります。
商品市場は高値をつけていますが、そろそろ上げすぎ感が出てきたと思うし、
商品が下げると為替も下げそうです。

雨がやんできたのでバナンという寺に連れて行ってくれとバイクタクシーにいって連れて行ってもらったのですが、
あとで「地球の歩き方」を見るとワットエクプノンという違うところに連れて行かれたみたいです(><)
ワットエクプノン


昨日の泥棒といいカンボジア人は悪いやつが多いです(TT)
特に相手からよってくるやつはひどいです。
でもタイでもおなじかもしれません。
途中まで一緒にまわっていたB君はタイのホテルでタクシー代をタクシーの運転手と、
タクシーを呼んでくれたボーイ2人に払っており、
しかも空港まで500Bと250Bはらっており、
どこの国でも寄って来る人はひどい人が多いみたいです。

ホテルに戻ってから市内を歩いて周ったのですがカンボジア第二の都市のわりに何もありませんでした。
夜は夕方から屋台が並ぶというところにいったのですが、
卵とバナナを焼いている店だけが並んでいてびっくりしていたのですが、
川の近くに行くとそれ以外の店があったのでカオパットとビールを飲んで1.2USDを払ってきました。

その後近くのバイタクの運転手に遊ぶところに連れて行ってもらったのですが、
良いところもなく最後はカラオケというところを見て周ったのですが、
英語もタイ語も通じずあきらめてホテルに戻ってビールを飲んで寝ました
タイ・カンボジア旅行07年9月
22日目 プノンペン

朝7時30分にチェンラの前に迎えが来て、
そのまま町のバスターミナルまで行って8時にシェムリを出発。
途中の休憩ポイントで虫が売っていた。
それもバッタとか芋虫ではなく10cmぐらいある黒いクモである。
たぶん食用なのでしょうが信じられなかったし、
食べる勇気がなかった。
また残念ながらカメラを持っていなくて写真が取れなかった。

プノンペンに着いたのは13時30分ぐらいでキャピトル周辺で宿を探し、
結局ナリン2のファン・水シャワー4ドルに決定。
ナリン2

その後独立記念塔、ワットプノムを見ていたら、
ワットプノム

雨が降ってきたためその後セントラルマーケット、ソリアショッピングセンターを見て、
通りを歩いてるとマッサージ5ドルに引かれて店に入った。
そこで事件がおきたのです。

前々からプノンペンのマッサージで泥棒をされるという情報はあったので、
注意をしてマッサージ屋に入り部屋を見ると、、
ものを置く場所がちょうど枕と反対方向で扉側にあり、
貴重品を入れていたかばんのなかに財布などを入れて、
このかばんのチャックの部分に南京錠をかけてて心配だけど、
枕と反対側で入り口側の棚にかばんを置いてマッサージを受けたのです。
でもマッサージをするおねーちゃんが微妙に扉を隠している位置に座ってマッサージをするのが気になり、
後ろを振り向いてみると棚の一番上においていたかばんがないのです。
あわてて何でないんだと言っておねーちゃんを見るとなんか言っているので、
扉を開けて廊下を見ると私のかばんが廊下に落ちており、
貴重品を入れていた袋が出ておりお金が廊下に落ちている。
アセって中身を調べてみると1万円がない。
下の階にいって泥棒だと騒いでやっと店の人がきてどうしたんだ、
よく調べてみろといわれてもう一度調べるがやはり1枚だけあった1万円札がなく、
ドロボーだと叫んでいたといっても(英語はしゃべれないので)タイ語だったと思う。
そうするとどうやら一人の男がタイ語がわかったらしく、
タイ語で泥棒だ。1万円なくなった。どうして部屋にあったかばんが廊下にあるなどと騒いでいると、
そのうち相手もあきらめたのでしょう。
廊下のマットの下に1万円が落ちていたといって返してくれた。
結局マッサージは2分ぐらいしか受けていないので5ドルは損したけど、
1万円は戻ってきました。

かばんのチャックの部分に南京錠をかけるだけで安心していても簡単に鍵が掛かったままでも、
チャックは開くのですねー。
いい経験になりました。

その後ゲストハウスに戻りもう一度カンボジア国内で使ったお金と、
現在持っているドルを調べてみるとどうやら計算があっており、
被害はマッサージ代5ドルだけだったようです。

その後は近くで夕食とビールを飲んで、
夜の探索に出かけましたがあまり楽しそうなところもなく早めに帰ってきて、
ゲストハウスの下でビールを1本飲んで寝ました。

シェムリアップについて
ポイペトからシェムリアップに入ってくる6号線は大きなホテルがありかなり都会に見えた。
ただ、はずれに行くと道も舗装されていないところも多く、セブンイレブン等のコンビニはなく、
地元の24時間スーパーみたいなところが数店あっただけだった。
ただ、物価は食事が最低0.6~3USDとバーツ換算すると20バーツ~100バーツぐらいで、
平均1ドル~1.25ドルぐらいとかなり高く感じた。
料理は2500リエルのセントラルマーケット近くの屋台を除いて、
それなりの値段を払っていたためこの屋台以外はおいしかった。
またバイヨンの近くの屋台で食べた3USDのアモックは疲れていたからかもしれないが特においしかった。
クメール人については、
ツクツクバイクタクシーの運転手は日本語でうるさかったけど、
結構人懐っこそうでいい人が多そうだが、
それは私たちがかなり高いツクツクチャーター代を払っていたからだろうか?
また、観光地の屋台などの呼び込みも日本語を少し話せて仕事熱心です。
タイなどの観光地の屋台は呼び込みなどしませんが、
遺跡にある屋台や売店は子供が日本語、英語などを使って呼び込みしています。
しかも何店も並んで呼び込みをしており、
何もしないタイ人に比べてとてもまじめです。
また、街中で普通にいる人たちも眼が合うと微笑んでくれることが多く、
微笑みの都はタイではなくカンボジアだろといいたくなるぐらいです。
さらに、カンボジアの女性は美人が多いようにおもいます。
タイ・カンボジア旅行07年9月
21日目 16 シェムリアップ

朝からベンメリア。
東のアンコールワットといわれているようですが、
壊れておりまだ修復されていなかった。
ベンメリア1

ベンメリア2

またリリーフはほとんど見られないし、
アンコールワットよりもかなり小さく、
期待はずれだった。
しかも2つのツアーともベンメリアだけだったため、
バンティアスレイにはいけなかった。
ここのリリーフは「地球の歩き方」で見る限りとてもきれいで、
遺跡が好きなら行った方がよさそうだ。

この遺跡だけだったので2時前にはゲストハウスに到着し、
タケオで初めてご飯を食べました。
その後もういちどアンコールワット周辺の遺跡を周っても良かったのですが、
疲れたので寝てしまい、
夕方すぎにおきてプノンペン行きのチケット4ドルを買って、
近くの店でチャーハンを食べて時間が余ったので本を読んで寝ました。
タイ・カンボジア旅行07年9月
20日目 シェムリアップ

今日は朝は近くでサンドイッチ3000リエルで朝食。
昨日の1ドルの屋台の方がおいしかったです。
その後宿を変えるためにタケオに行ってみたのですがまたもや満室。
大学生が夏休みらしくたくさん若い人ばかりでした。

タケオの部屋を見てみたかったのですが、
あきらめて結局チェンラの扇風機の部屋1泊5ドルに2泊することにしました。
水シャワーにランクが落ちるのですが、
ビクトリーは窓が網戸ではなく空気がこもっていたので、
チェンラは網戸だし空気もこもらずよかったです。
チェンラ


宿に荷物を置いてから近くのツクツクと交渉して12ドルでロリュオス、
戦争博物館、キリングフィールド、アンコールワットを周ってもらうことになりました。
2人なので一人あたり6ドル。

ロリュオスの遺跡群は9世紀ごろの遺跡で、
シェムリアップ付近の中では最も古い遺跡群でレンガ造りで作られていました。
バコン

アンコールワットを見た後なのであまり感動はなかったのです。

12時前だったのですがセントラルマーケットにフードコートセンターがあると、
「地球の歩き方」についていたので行った見たのですが発見できず、
そのあたりの屋台でぶっ掛けご飯2500リエルをたべた。
ひるごはん

このシェムリアップで一番安いご飯になったがおいしくなかった。

次に行ったのは戦争博物館。
もう一人の人が行きたかったようなので行ってきました。
3ドルの入場料がかかりなかは内戦時代の兵器がおかれていただけだった。
戦争博物館


次に行ったのはキリングフィールド。
寺と骨があった。
キリングフィールド

ここで雨が降ってきたので雨宿りをしていたら、
寺のお坊さんみたいな人が来て話していました。
私は適当に話していたのですが、
もう一人のB君19歳が結構話をしていて、
部屋にこないかと誘われ普通は断るところですが、
雨も降っていたし、カンボジア人はいい人が多いのかもしれないし、
部屋も見てみたいけどどうしようかと迷っていると、
B君がなにも考えずについていってしまった。
しょうがないからついていくと、
部屋はベッドが2つと机があってコーンクリートで作られた部屋でした。

部屋ではB君にカンボジア人がクメール語を教えてくれました。
なかなか雨がやまなかったのですが小降りになってきたところで、
帰るというと何か紙を出してB君に渡します。
みてみると子供たちの教育のためにお金を寄付してくださいというようなことが書かれていました。
やっぱりだまされたのです(TT)
結局2人で5ドルはらってしまった(TT)

その後アンコールワットへ。
アンコールワット2

午前中は逆光になっていたため写真が取れなかったので、
午後に来てこの前で写真を取るためだけにもう一度きました。
たぶん一人だったらアンコールワットをもう一周してきたと思います。
趣味が合わない人と周るのはつかれますねー。

ゲストハウスには5時前にはもどってきて、
19時にタケオゲストハウスのベンメリアツアーの締め切りと話し合いがあるので、
行ってみると2つのベンメリアツアーが見事に10人ずつの定員をいっぱいになっており、
合計20人もベンメリアにいくようです。
私はベンメリアのほかにもバンティアスレイのリリーフが見たかったのですが、
アンコールワット1日券で見ている人が多いようで、
ベンメリア1つだけを見に行くツアーになってしまった・・・・。

その後夜はクメールキッチンというところでボーボーというおかゆを食べて寝ました

タイ・カンボジア旅行記07年9月
19日目 シェムリアップ

今日は朝の5時からアンコールワットの朝日を見て一日遺跡コースです。
朝日のアンコールワットはきれいだったけど、
アンコールワット朝日1

アンコールワット朝日2

アンコールワット朝日3

逆光になるため正面からの遺跡の写真があまり取れなかったのが残念です。
アンコールワット1


アンコールワットを見終わってアンコールトムの南大門をくぐってバイヨン近くの屋台で朝食です。
アンコールトム南大門

昨日飲んでおいしかったマンゴージュースとサンドイッチで合計1.5ドルでした。
マンゴージュースは昨日飲んだオールドマーケットの近くの屋台の方が雄雄しかったですが、
サンドイッチはおいしかったです。
サンドイッチとマンゴージュース


その後バイヨンを見いにいきました。
大きな顔がたくさんあり、また迷路みたいつながった遺跡で不思議な遺跡でした。
バイヨン1

バイヨン2


この周辺にはほかにも遺跡はあったのですが、
アンコールワット、バイヨンと見た後だと小さくて、
さらっと見る程度でいいかもしれません。

この周辺を見て12時ごろに朝食と同じところで昼食を食べました。
アモックというカンボジア料理3ドルを食べましたが、
アモック

ちょっと高かったかもしれませんがとてもおいしかったです。

その後タケオ、
タケウ

タプローム、
タプローム1

タプローム2

バンテアイ・クディにいって遺跡周りの終了です。
バンテアイ・クディ

ツクツクを4人で利用して20ドル。
本当はもう少し安いかもしれませんが一人あたり5ドルでした。

夕食はオールドマーケットの近くでまた食べたのですが、
タイのクィッティアオと同じ食べ物でした
円安か?
NY原油は最高値を更新したみたいです。
NY金はまだ最高値732.0ドルを超えていませんが717.8ドル。
NY大豆も高値を更新しているようです。
ただ、コーンのように前回から少しずつ値段を下げている銘柄もあります。
NY株式市場は下降トレンドが崩れたように思えます。
同様に為替は円高トレンドが見えてい他のですが、
円高に行かずに円安に動いてきたのでチャートを見ると、
2番底をつけたように見えるため円安の宝庫を試すと思うが、
上値は重そうに思うがとりあえずは、
少し買ってみても面白そうなので買ってみるかもしれません。
タイ・カンボジア旅行記07年9月
18日目 シェムリアップ

朝起きて7時30分にホテルを出て、
ソンテオを探しに出かけました。
ホテルを出てすぐのツクツクには50Bといわれましたが、
ソンテオが10Bだというのは知っていのでさがすと
町中の池の近くのタラートがソンテオの始発になっており、
ソンテオは30分おきにここからバスステーション、国境と行くようです。
ソンテオ

バス間で時間があったのでここで朝食を取り国境に向かった。
アランヤプラテートーポイペトの国境ではVISAが簡単に取れるという話だったので、
VISAを用意してこなかったのでちょっと心配でしたが、
タイを出国して少し行ったところにVISAをとる場所があり、
20USDではだめだといわれたけど20USD+200Bで、
数分でVISAができた。
200Bの賄賂はかなり高かったのではないかと思う。
次にカンボジア入国だが入国書類を代筆してもらうと20B取られるらしいが、
私は自分で書いて簡単に入国した。

ソンテオのときに知り合っていた2人組のバックパッカーと一緒にタクシーでシェムリアップに行くことにしていたのだけど、
国境を出てすぐに日本語を話し人たちに捕まり、
値段を聞くと一人15ドルといっており、
友達からの情報では20ドルぐらいだったので、
もう少し歩いてみるとまた違う人に捕まり、
3人で40ドルといってきた。
高いと思ったので次にいこうとするけど、
もう2人組がつかまっているのでなかなか前に進めなかったけど、
横に車が来たのでその運転手に聞くと30ドルというので、
ひとり10ドルぐらいならいいかと思いその車でシェムリに向かうことにした。

途中の道は舗装されていない道が多く、
シェムリアップへの道

タイと比べるとまだまだ貧しいのでしょう。
車は3時間かからないでシェムリに到着したが、
車から降ろされた場所は適当な場所で、
タケオに連れて行けといってもわからないといってそのまま消えてしまった。
6号線にいるのはわかっていたので地図を見ながら歩こうとすると、
日本食レストランがあり地図にもそこが載っており、
タケオの近くというのがわかりそのまま歩いて数件のゲストハウスを見ながら、
タケオゲストハウスに向かった。

タケオゲストハウスは満室だったので結局ビクトリーというゲストハウスの扇風機の部屋5ドルに2泊することに決めた。
ビクトリー1

ビクトリー2

その後夕日を見に行かないかというツクツクの誘いで4人で6ドルで見てきました。
プノンバケン

夜は近くのネット屋で1時間0.75USDでネットを接続し、
オールドマーケットのちかくでご飯を食べました。
シェムリアップの治安は思ったよりもよさそうで、
夜歩いているとバイクタクシーやツクツクがマッサーとかレディーとうるさかったです。
無視して歩いていると20ドルとか10ドル、50ドルという値段を言っていました
タイ・カンボジア旅行記07年9月12日
17日目 サーゲオ県アランヤプラテート

私のたびもやっと動き出しました。
今朝は朝7時にはホテルを出てソンテオにのってバスターミナルで、
アランヤプラテートまで171Bの切符を買って、
ビールがおいしい町パタヤを後にして13時ごろにはアランヤプラテートに着いた。
途中国境の警備がありIDカードもしくは、
パスポートがない人が4人ほどバスから降ろされていた。
彼らはこれからどうなるのでしょう。

アランヤプラテートに着くと、
ホテルを探したのですが私が持っている地球の歩き方には地図がなくて、
かなり苦労しました。
バスターミナルでてセブンイレブンの目の前の通りのをまっすぐ行き、
その右側がアランヤプラテートの市街地になるみたいです。
その中には3件のホテルを発見したのですが、
アランガーデンホテル1の扇風機の部屋150Bに泊まることに決め、
町を回ったのですがタラートぐらいしかなかったです。
また夜遅くなってからもう一度周っても、
マッサージやさんとカラオケぐらいしか発見できなかった。
タイ・カンボジア旅行記07年9月11日
16日目 パタヤ

今日のホテルはネット接続がいいので、
朝からずーっとネットをしていました。
相場の方は商品市場は高くなってきている銘柄が多い、
特に金や原油。
しかし為替は逆に方向感がつかめない感じがするが、
前回の高値を更新しそうにないので、
円高方向に行きそうです。
現在為替はほとんど持っていないのですが、
ドル買いの方向のものがあるのでちょっと不安です。
タイ・カンボジア旅行記07年9月10日
15日目 パタヤ

朝起きてネットに接続するもまた調子が悪い。
仕方がないので携帯接続で寄付を見てからもう一度少し寝た。
その後また接続すると今度は接続できた。

昼過ぎにMさんと一緒にバスターミナルに行き、
Mさんはバンコク私はアランヤプラテートに行こうとしたら、
アランヤプラテートに行くバスは朝7:30、8:30、
夕方の17:30以降と昼間の時間がまったくなく、
バンコクに戻ろうか迷った末に夕方のバスでムクダハンまで行こうとおもい、
Mさんとはここで別れて、
もう一度パタヤの町に引き返したが、
めんどくさくなりソイブッカオの通りで宿を探して、
ソイブッカオ

ワィヤレスができる500Bのホテルに泊まることにしました。
Dアパートメント

このホテルは海沿いやウォーキングストリートからは遠くて不便ですが、
ネット接続はバンコクのゲストハウス、昨日のジャスミンに比べて切断されることもなく、
スピードも速くストレスなくネットができます。

ホテルを決めた後はコンビニでビールを買って、
海沿いで飲んだのですが、
少し飲みすぎたみたいでかなり酔って早めに帰宅して就寝しました。

予定では今頃カンボジアのココンあたりに入って、
シェアヌークビルにいるはずなのですが、
パタヤで足止めを食らっています。
今日も朝起きれなかったので同じホテルに泊まって、
ネット三昧の予定です。
果たしてカンボジア入国はいつになるのだろう。

タイ・カンボジア旅行記07年9月9日
14日目 パタヤ

みんなで昼ごはんを食べにBig-Cへ、
はじめた食べた店でしたがおいしかったし安かったです。

バーベキュー

その後ホテルをジャスミンというところに移動しました。
ここはネット接続ができて部屋もきれいで600Bと良かったです。
ジャスミン1

ジャスミン2

少しネットをしてから、
Big-Cにバーンピーシンというタイのホラー映画を一人120Bで見てきました。
普通の映画では映画館の中も静かなのですが、
お化けの映画は怖いシーンが来るとタイ人が叫んでうるさかった。

その後部屋に戻ってMさんとソイ7ぐらいまでいって、
適当な店に入ってからウォーキングストリートまで行って、
少し飲んでから11時ごろには帰ったのですが、
ワィヤレスインターネットができるはずだったのですが、
つながらなかった。
しょうがないので携帯でつないでネットをやった。
せっかくネットができるホテルに泊まったのに意味がなかったです。

タイ・カンボジア旅行07年9月8日
13日 パタヤ

昼過ぎからBig-C、マイクショッピングモールと行き、
その後部屋のでボーっとしてから、
久しぶりに集まった4人でシズラーでご飯を食べて、
9時過ぎのハッピーの時間がすぎてから出陣したのですが、
パタヤではまだ知らないことも多く、
知り合った人から面白いゴーゴーを紹介してもらい、
そのゴーゴーに行った後にまたソイ6に行ってきました。
でも、ソイ6は昨日の夕方に行ったときに比べて、
かわいい子がいなかったように思えます。
1時の閉店まで飲んでホテルに帰りました。

タイ・カンボジア旅行07年9月7日
12日目

Mさんもタイに来ているので再度パタヤに行くことにしました。
この日もパタヤまではエカイマイのバスステーションから2時間30分ぐらいと昔よりも早く着きました。
ホテルはいつものところにチェックインして、
ご飯を食べに海沿いを歩いてロイヤルガーデンに向かったのですが、
まだ早い時間なのに人も多くかわいいこもいました。
ご飯は先週と同じくシズラーですが先週は食べ過ぎて、
その後のハッピーアワーの時間にビールが飲めなかったので、
今回は控えめにしました。

その後時間も早かったのでソイ6を散策しに行ったのですが、
先週と比べてかわいい子が増えているようでした。
しかも4時過ぎとあってよく顔が見えてよかったです。
その中でかわいい子がそろっていそうな店へ、
ビールはハッピーアワーだったらしく60Bとやすく、
となりにおねーちゃんがついてくれたのですが、
飲み物をおごらなかったけれども、
楽しく過ごすことができました。

その後ソイ7、8のバービアー群に行き、
一軒の店で飲んだのですが、
ここは50Bでビールを飲んでおねーちゃんとたわいのないことを話して、
付近のゴーゴーバーへはいってから、
ウォーキングストリートへ。
いつものように何件か周りかなり酔っ払ってから、
ホテルに戻りました。

パタヤは飲み代がバンコクに比べて半分ぐらいと安くていいです。
またおごってとか、チップといわれる確率も低くて、
まったりと飲んでいるにはいいところです。

タイ・カンボジア旅行9月6日
11日目 バンコク

今日はタイ人の友達とアヌサワリーで2時に会う約束があったので、
バスで行ってきました。
でも相手はタイ人なので2時に電話かけたときには、
まだバス停でバスを待っていてあと1時間かかるというので、
Y君のお部屋に行ってきました。
アヌサワリーから10分ぐらい歩いたところにあったのですが、
結構大きい建物なのに結構家賃も安く、
お部屋も広くネットもできてよさそうでした。
部屋で少し休ませてもらってから、
タイ人の友達が来たみたいなのでそのままBig-Cまでいって、
スパーリッチで両替2960Bでした。

その後ゲームをしたりして遊んだ後、
日本人の友達と会うためにプロンポーンへ、
いなかっぺという店であって飲んでその後、
ディスコへ合計で1500Bも使ってしまいました(TT)
3時ぐらいに部屋に戻って就寝です。

部屋代は200Bなのに1500Bはいたいです・・・・

タイ・カンボジア旅行07年9月5日
10日目 バンコク

マンダリンの火事があったが親は朝の便で無事に日本に帰ったようだ。
昼間ではプラザホテルにいて今日からの泊まるところを探しに、
マレーシアホテル周辺のゲストハウスに行った。
リーフォーもなかなか良かったのですが、
結局はイーティーシー200Bに泊まりました。
ルンピニ公園駅から歩いて5分ほどで場所的には良いところです。

ホテルが決まったあとはアリーのタイ人の家に行ってきました。
その後Big-Cで買い物に行ってコーヒーを飲んでから、
ゲストハウスにもどってパソコンをして、
Mさんが来ているので地下で待ち合わせをして地下でまた飲みました。
その後久しぶりに外の屋台でチュムチュムを食べながらビールを飲んで、
4時ぐらいにゲストハウスに帰宅して就寝しました。
タイ・カンボジア旅行07年9月4日
9日目 バンコク

親のツアーの最終日でどこも行くところもないので、
少しゆっくりの9時30分から行動開始です。
まず最初にウィンディーツアーに今日の夜のシーロムビレッジでのタイ舞踊と食事350Bのツアー申し込みに行きました。
たぶん自分たちで行くよりもツアーを利用する方が安いみたいです。
次にMBKから伊勢丹までのデパートを見て周って、
お土産を買ってきました。

その後昨日行ったポーマッサージに行き2時間マッサージをしてもらい、
ホテルに戻ってからシーロムビレッジへ。
19時30分からとかいてあったので、
少し前に到着したのですがショーが始まるのは20時30分ごろからで、
始まるまでかなり時間がありました。
また飲み物代がかかるらしくその値段を見るとシンビール小瓶が140Bととても高く、
飲み物を入れると一人あたり500Bも掛かる計算になる。

ショーの方はあまり面白くもなくたぶんもう一度見ることはないでしょう。
21時ちょっとすぎに終わったのでそのまま親をホテルに送り、
これで親の接待は終わりました。

でも明日からは泊まる場所を新しく探して、
タイ語学校のときの友達に会わなくてはならなく、
意外といそがしそうです。
マンダリンの火事
バンコク中心部にある「マンダリン・ホテル・バンコク」で現地時間5日午前零時(日本時間同2時)過ぎ、火災が発生した。宿泊客のほんとどは避難したが、地元テレビ局などによると午前7時現在で16人が負傷したという。日本人が含まれているかどうかは不明。同ホテルは外国人の利用が多いホテルで、出火当時も約600人が宿泊、ほとんどが外国人客だったという。

日経ネットから
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070905AT2M0501705092007.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070905AT2M0402O05092007.html

というように、
マンダリンで火事がありました。
2棟あるうちの奥のほうにある棟で火災があったようです。
私の親が泊まっていたのは入り口から入ってすぐにある7階建ての棟だったので、
何も被害はなかったようで、
けがもなかったそうです。
現在は飛行機の中でしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。