システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ・カンボジア旅行07年8月29日 3日目
パタヤ

朝起きてホテル代500Bホテルを払いご飯を食べに行くが、
周りには安い屋台がなく、
ソイブッカオのほうに探しにいくもホテルとバーしかなく、、
かなり遠くまで歩いてタイ料理屋に入り昼食を取りホテルに帰ってから、
疲れていたので一眠りして夜の散策に備えた。

6時ちょっとすぎにネットを終了しホテルを出て珍しくバービアを散策することにした。
最初はソイ8にあるバービアでご飯を食べながら少しビールを飲む。
やはりかわいい子はいなかった。
50軒ぐらい回れば1人はかわいい子に出会えるといううわさを信じて、
ソイ8を歩き回るがかわいい子はいなくそのままソイ7に行く。
ソイ7では奥のほうの店に何人か遠くから見てかわいいような子を発見したが、
ウォーキングストリートのハッピーアワーがあるため海岸沿いまで歩いていき、
ソンテオでウォーキングストリートに向かった。

ウォーキングストリートでは昨日行った店には行かず違う店を回ってきたが、
50B、45B、50Bと安いかった。
その後10時になったのでちょっと海沿いを散歩するも、
かわいい子がいなく結局ソイ6まで歩いてしまった。
かなりの距離でした・・・・

ソイ6では店に入らずおねーちゃんの顔をみて、
夕方散策したバービアに行こうとしたところ、
今回2度目のスコール(><)まったくついていないです。
その後雨も少し収まったところでソンテオにのったのですが、
白人のかっこいい人が3人乗っており、
ソイ6の人たちはソンテオが通り過ぎるたびに盛り上がっていて、
ちょっとうらやましかったです。

ソンテオでソイ7で降りて夕方チェックしていたところにはいってみると、
ビールが45Bですごく安くてびっくりした。
しかも一緒に話していてもおごってくれとも言われなかったので、
そのままビール1本で私たちにしては長居していろいろ聞いていたのですが、
給料が2500Bというのには驚いた。
その後ソイブッカオのほうに向かったが、
1時過ぎだったため閉まっている店が多かったがそのなかでも、
まだまともで若そうな子がいる店に入ってみた。
ここはビールが55Bでやっぱりやすい。
注文をしてビールを飲んでいるとさっきの若い子が誰かに電話していたらしく、
おねーちゃんが二人ばいくで乗りつけてきて、
私たちの相手をしてくれた。
私たちはさっきの若いこと少し話したかったのですが、
後から来た二人のペースで積み木をすることになり、
あまりお話をするまもなく店を出るタイミングもみつからずだらだらと積み木をやってしまった(><)
しかし、なんとか店を後にすることができたが、
不幸はまだつづいていた。

近くの店でバーミーを食べたので食べた後すぐ寝るのはよくないということで、
夜の海を見てウォーキングストリートを歩いてからホテルへ帰るというプランを立て、
ホテルの前を通り過ぎて少し行くとさっきの二人組みの片割れと若い子がいるではないですか。
どこに行くのかと聞かれさっき眠いからかえって寝るといった手前、
コンビニに行くとしかいえなく私たちの深夜の散策の案はこの2人組によって、
実行不能になってしまいおとなしくコンビニに行ってホテルに帰って就寝しました。

それにしても今日はよく歩きました。
スポンサーサイト
タイ・カンボジア旅行07年8月28日 2日目
パタヤ

昨日も試してみたのですが、
ネットシムをもう一度試してみるが使えず、
ネットシムを買わないとネット接続ができないことが判明。
タイに来てから悪いことだらけです。

とりあえずナナにあるVASUという両替屋にいってきました。
1万円2960と3000Bには届きませんでした。
その後ホテルの近くでご飯を食べて、
荷物を持ってネットシムを買いにアソークまでタクシーで行こうとしたら、
ホテルの目の前のバイタクのおじさんに声をかけられます。
バイタクで行きたくなかったのですが、40Bでアソークまで行くらしいので、
バイタクで移動することにそうすると、
ここのおじさんはロシア人がいてショート2500Bだという話をしてくれて、
結構いいおじさんだった。

ネットシムは495Bはらい80時間ネットに接続できるようにしてもらった。
その後目の前のバス停からバスに乗ったのですが、
プロンポンの次がエカマイだと勘違いして、
1つ手前の駅で降りてしまい、トンローからBTSをつかってエカマイへ。
まったくいいことなしでしたが、
高速バスは思ったよりも早く2時間ちょっとでパタヤに到着しました。
先ほど買ったネットシムで早速ネットに接続しますが、
パタヤは相変わらず通信速度が遅くてストレスを感じます。

夕方ぐらいまで私はパソコンと格闘してそのあとYさんとご飯をシズラーに食べに行きましたが、
かなりたくさん食べてしまいその後の散策に影響が出てしまい。
ハッピーヤゴーゴー50B、よくわからない店30B、ペパーミント50Bの3軒しかハッピーアワーに行かなかった。
あまりにもおなかいっぱいだったために、
ウォーキングストリートからビーチロードにかけてのパトロールに出かけましたが、
この時以前の知り合ったPちゃんに遭遇。
彼女が電話番号をなくしてから連絡取れなかったのですがこんなところで再開できるとは、
もしかしたらちょっとつきが出てきたかもしれません。
全体的に平日だからかもしれませんが人がまばらでした。
円高挑戦か?
為替のほうは前回の下げの日数が7日から8日で、
その安値からの上げが昨日の火曜日で7日前後。
日柄的には7日で下げて7日で上げた。
これからはもう一回7日で下げるのではないでしょうか。
問題は値幅が前回の安値を下回るかそこまで行かないかですが、
日足のチャートを見ると戻り売りのポイントにみえます。

商品市場のほうはNYではさほど下げていないのですが、
為替の影響で日本市場は暴落で始まりました。
商品のチャートはもう少し上があってもよいように見えるのですが、
為替の影響が大きいのでどの市場も同じ方向に動くときには注意が必要そうです。


タイ・カンボジア旅行07年8月27日 1日目
バンコク


バンコクに23時前と結構早くついた。
今回は荷物を預けていないので入国審査をしてすぐに1万円を2862Bに両替して、
そのまま空港4階へ向かい、
タクシーを拾ったのだがこのタクシーの運転手が私のタイ旅行の行方を暗示しているようにひどかった。


久しぶりにのってメターというのを忘れていたのだが、
少しすんだらハウマッチと聞いてきた。
タイ初日から運が悪いです・・・・
もちろんメーターというと、嫌そうな顔をしながら、
メーターにしてやるからチィップをよこせといってきやがる、
もちろん断ってタクシーを降りようとすると、
わかったわかったといってそのまますんでいったのですが、
次は高速を使うのかと聞かれこの時間はすいているのを知っていたので、
いらないというと愚痴愚痴となんかいっていたが、
無視していると、
空港のタクシーは50Bがかかるから50Bよこせとまで言って来た。
もちろんそんな50Bも払うことはなかった。
ナナまで185バーツでした。

しかし、
ついていないのはここで終わらなかった。
その後ナナについてナナゲストハウスに泊まろうと思うと満室。
しょうがないのでPBに行くと、
安くなるのは1時からだといわれ、
1時までは2時間もあるので結局700BでPBホテルに泊まった。

荷物を置いてすぐにYさんと待ち合わせで外に出手少し歩いていると、
今度はスコールが・・・・
初日からついていない日でした。

でもその後は地下でY君とも合流して、
少し飲んでからスクンビットを歩いてYさんと別れて、
その後ナナプラザをちょっと見学。
一番人気のR4に行ったのですが、
お客さんがまったくいなくてびっくりでしたが、
閉店までまったりして、
ナナ前のおねーちゃんとそのままホテルに戻りました。
成田空港
にいます。
昨日は飲みすぎて昼間はちょっと二日酔いでした。
相場のほうはデータを更新しようと思ったのですが、
100円10分のパソコンにはUSBがありません。
今回はUSBの中にエクセルのデータ更新用のシートを入れてきたのですが、
まったく意味がありませんでした。
ホテルが取れない。
ツアーのホテルがわかったのが金曜日。
その後ネットでマンダリンホテルに申し込んだのですが満室。
違う会社を通しても満室・・・・
昨日の高速バスの席がいっぱいと同様。
まったくついていないです。

もしかしたら、
28日ホテル探ししないといけないかもしれません・・・・
おそすぎた・・・
この前高速バスを使ったときは簡単に取れたし、
4月に八戸に帰ったときもJRのみどりの窓口でその日のチケットが取れたので取れると思っていけど、
夕方に電話したときにはいっぱいですといわれた(TT)
結局新幹線で行くことにした。

その分を稼ごうとポンド円で232.27円で5万通貨売ってみた。
どうなることやら・・・

ホテルの予約
親のツアーの日程に合わせて私も同じホテルに滞在するためにホテルを調べていたのですが、
ネット予約と現地で直接ホテルに行って予約するのではどっちが安いのでしょう??

今回の泊まるホテルはマンダリンホテル。
ネットで検索してみると1泊4500円前後のようです。
でもマンダリンのWEBは1700バーツで5000円以上する。
ネットで一番安い所が1100バーツで3300円ぐらい。

でも、以前私の友達のHくんがタイ人経由でとったときには800バーツだったような気がする。
そのときにホテルの予約を手伝ってくれたタイ人のPちゃんにも、
いくらなのと相談してみた所、
マンダリンのWEBを出してきただけだった。
Hくんのときはあんなに親身になっていろいろ調べていたのに、
私の時にはネットでマンダリンのページだけって・・・・
そんなの自分でも見つけていたよ(><)
やっぱり、PちゃんはH君のことが好きで、
私はたんなるだしなのですね(TT)
電話がきて遊ぼうといわれてOKすると、
その後にH君の話題に話が行き私がH君を誘うような流れに行くというのも知っていたし、
カンチャナブリに行ったのもH君と旅行したかったというのも知ってたけど、
いつもそのだしの役割をちゃんとこなしていたのは、
困ったときに助けてもらうためなんだから、
もうちょっと調べてよーーー

という愚痴はおいておいて、
この特殊な例を除いても1000バーツぐらいになったと思うのですが、
やっぱりタイについてから直接マンダリンに行って値段聞いたほうがいいかもしれませんねー。
ホテルで聞いた後にネットで予約することもできるしそうしよう。
青春18切符
で確かに八戸から上野までいける。
八戸出発は6:28上野着は19:17の
13時間の電車の旅になる。

今回は前日に友達と会うために東京に止まる予定だけど、
泊まらないでそのまま成田に行って飛行機に乗るには時間がかかりすぎるようです。
一枚当たり2500円ぐらいでとても安いのですが、
八戸-盛岡間はJRではないため別途2960円かかるので、
合計5500円ぐらい。
確かに安いのですが日曜日の夕方かあら約束があり19時着だとおそすぎるため、
前日の土曜日から行かなければならず東京に1泊の必要がある。
また、バラで売っていないので、
オークションか金券屋さんで探さないといけないようです。

でも13時間座っているのも疲れるので、
18きっぷはやめておきます。

ドルの急落はありえるのか?
今回のサブプライムローン問題でドルの急落を予想する向きが多いのですが、
実際どうなったか見てみると、
      8月8日終値 8月21日終値
ドル円   117.93  114.43
ユーロドル 1.3792  1.3463
ポンドドル 2.0368  1.9815
豪米ドル  0.8631  0.8010
ドルカナダ 1.0479  1.0645
ドルスイス 1.1957  1.2060

と円ではたしかにサブプライム問題以降ドルは安くなっているが、
それ以外の通貨に対してはほとんどドルが高くなっているのである。

ドルに関しては「ドルが高くなる」といっている人にあったことがなく、
相場をやっている人の誰もがドルがやすくなると思っているし(私もそう思っているが)、
その安くなる理由を知っている。

相場の格言に「人の行く裏に道あり、花の山」、「知ったらしまい」という言葉があり、
みんなと逆のことをすると儲かるということと、
みんながそのことがわかれば底が相場の終わりだという事です。
つまりドルが安くなるということを多くのアナリストが予測し、
相場をやっている人たちがその理由をしってしまうとその相場は終わることを意味しており、
今回のサブプライム問題でのドル高は今までのドル安トレンドの終わりを意味していたのではないだろうか?
そう考えると安易なドル売りはちょっと怖いです。
タイへ行く準備
来週の月曜日の便でタイに行くことになり、
あと5日でタイに行くことができるが、
私が住んでいるところはど田舎であるから東京に出るのにも一苦労である。
新幹線で行くことになるのだが往復29000円ぐらいかかる。
でもこんなときにお得なのがびゅうの新幹線往復と宿泊が一緒になったチケットだ。
だいたい30000円前後からある。
新幹線チケットにほんの数千円たすとホテルまで泊まれるのである。

ということで、さっそくびゅうに電話してみたのだが、
14日以内の往復でないとだめだと(TT)
このチケットが取れないとなると、
新幹線+宿泊費でかなり高くなってしまう。
ど田舎に住んでいると東京に行くまでも大変なのです(><)

8月21日
昨日売ったEURNZDは損きりにかかったみたいです。
日足を見ても上げすぎ感があるのでもう一度打ってみたい衝動に駆られますが、
もうひとつのNZDCADの買いが残ってるので、
このままにしておきます。

日経平均とかはだいぶ戻しているみたいですが、
為替のほうはまだ上値が重いようでなかなか上に上がりません。
ヨーロッパとアメリカしだいなのでしょうか。

現在の建玉
ニュージカナダ 0.7403×2万通貨買い

スワップ


8月の損益
-65944円
今年の損益
-749658円
相場は2つだけ。
それは、トレンドがあるときと、トレンドがないもみあいのときだと思う。
つい最近たくさんの損失を出しながら学んだことは、
玉を持った方向にどんどん利が伸びていく時と、
利が伸びていかず少し利が乗ってからどんどん削られていくときがあることである。

相場の本には利を伸ばせということが書かれており、
利がどんどん乗っているときの記憶のほうが大きく、
ついつい利を伸ばそうと思って途中で相場が反転してしまって、
結局損失になったり、そのいうことが続くと今度は利を伸ばすことができなくて、小さな利益を狙うと大きなトレンドができてしまったりと、
ちぐはぐな相場をしていました。

でも今日相場をみていて新たな発見をしました。
それは、日足のトレンド、時間足のトレンド、5分足のトレンドが同じ方向ほど利益を伸ばすことができる。
つまり順張りの時はりを伸ばし、
逆張りや大きなトレンドが発生した後は大きなトレンドは発生しにくく、小さな利益をこつこつとって行ったほうがよさそうです。

本で書いていたわかっていたことなのですが、
自分でたくさんやられるとなんとなくわかってきますねー。
ひさしぶりに
家から出ました。
タイに行くので髪を切ったり、行くために必要なものを買ったりするためです。
そしてタイに行くための服を買ったのですが、
ちょうど夏物バーゲンをやっていたので、
値段もそんなに高くなかった。
タイの物価はすごく安いのだが安いものは品質が悪く、
結局は高い値段のものを買ってしまう。

タイで最初に買ったドライヤーはアイコというよくわからない安いメーカーでしたが、
3ヶ月もしないうちに壊れてしまいました。
次の買ったドライヤーはパナソニックで壊れなかった。
それからは少し高いが電気製品は日本製しか買わないようなった。

その点日本で売ってるものは品質も良く、
タイよりも若干高いだけなので、
日本も田舎に住んでいると住み心地がいいのかもしれませんねー。
ポイペトとイサーン遺跡めぐり 3日目
朝起きて自転車をかりてさっそくピマーイ遺跡に行ってきた。
ピマーイ遺跡はタイのクメール遺跡の中で有名な遺跡です。
またバンコクからも簡単にいけることができる遺跡です。
実際ピマーイのバス停から歩いて数分の所にピマーイ遺跡の入り口があった。

ピマーイ1


ピマーイ2

ここもクメール遺跡なので左右対称の建物が特徴的で、
入り口から一直線に真ん中の遺跡まで入り口が並んでいる。
また、パノムルンと同じようにリリーフがとてもきれいです。

ピマーイ3

ピマーイ4

ピマーイ5


タイの遺跡はアユタヤにしてもスコータイにしても
青い空と緑の中に遺跡がぽつんと残っていてとてもきれいです。
これが日本だと遺跡はきれいなのですが、
その遺跡の横に近代の建物や電線など余計なものが入ってくるから景観がだいなしです。
ピマーイ6


ピマーイ7

ピマーイの遺跡を見た後に国立博物館を見て、
ピマーイ遺跡の門を見てきました。
門も東西南北にあり、これも中心の入り口に向かって一直線になっています。
プラトゥーチャイ門

その後まだ時間もあったので、
そのまま郊外にあるサインガーム公園で大きな木を見て、
サインガーム公園


ゲストハウスに戻り荷物を持って、
コラートバスステーションに戻ってからバンコクに長距離バスで帰りました。


底をつけたのか?
せっかく書いたのに消えてしまった(TT)

2007年8月17日の相場は商品市場、株式市場ともにパニック感があった。
特に商品市場ではほとんどの商品で円相場の動きにあわせた動きで、
引けはほとんどの銘柄でストップ安張り付きだった。
為替市場でも値動きが粗い動きで、
ドル円で約3.4円、ポンド円で約10円。
FRBの利下げ発表を境に急激にドル円で約3.4円、
ポンド円で役10円の上昇と、クロス円で急激に円安方向に動いた。

チャートで見ても下に長いひげをつけた線が2本並んでおり、
とりあえず目先の底をつけたように見える。
また波動からは下げの3波目が終了した形になって、
下げ相場が終了したことになるが、
週足ではまだ1波目で戻してから飲もう一段の下げがあってもおかしくないので、7月の高値を抜くような円安が来るとは思えない。

また、ポンド円の週足チャートは、
三尊天井の右肩を作るために、
240円付近まで上げていきそうである。
そのあたりがクロス円のポイントになるかも知れない。
マネーパートナーズ2度目のサバ落ち
今日の朝9時前後もマネーパートナーズに入れませんでしたが、
現在の急落のときも注文が入らず、
現在も注文ができない状態です。

ほかの口座のAFTはちゃんと動いています。
こういう急落急騰のときに注文ができないようだと、
マネーパートナーズも使えませんねー。
現在も注文ができない・・・・
ポイペトとイサーン遺跡めぐり 2日目
2日目 ポイペトからブリラム、コラートへ

今回の目的はイサーンの遺跡を見てくるだったので、
アランヤプラテートから北上してブリラム県のイサーン遺跡を見て、
コラートのぴまいまで行った。

朝起きてカンボジアでやることもないので、
すぐさま国境へ行きカンボジアを出国しタイに入国。
前日気になっていた国境を出て右側にある建物のほうに行くと、
ここがアランヤプラテートの市場らしく結構にぎわっていた。
そのままぶらぶらしているとここでソンテオを発見したので、
ソンテオでバスターミナルまで行った。
アランヤ市場


途中で検問がありパスポートチェックを受けてそのままバスターミナルへ行きそこから、
ブリラム行きのバスに乗り、
車掌のおばさんにパノムルン神殿に行きたいから、
そこが来たら教えてくださいと伝えてバスに乗る。

3、4時間でパノムルンの近くでバスを降り近くのバイタクと交渉をした。
ムアンタムとパノムルンの両方行ってバスの乗り場まで送ってくれて300バーツだったと思う。

最初に連れて行かれたのはムアンタムである。
ムアンタム1

ムアンタム2


ここの遺跡はとクメール遺跡なので左右対称が特徴的である。
中心から外を見ると東西南北すべての門がきれいに重なっており、
その門から遺跡の外の風景が見ることができるようになっている。
また、仏像はあまりない。
ムアンタム3


そのあとは丘の上にあるパノムルン神殿である。

パノムルン1

この遺跡は修復されたものなので、
地球の歩き方とかにはあまり大きく載っていないけど、
丘の上にある風景はきれいでした。

パノムルン2

パノムルン3

パノムルン4

クメール遺跡の特徴としてはこのリリーフのきれいさだと思います。
アユタヤ遺跡ではこのリリーフを見ることはあまりなく、
仏像がたくさんある仏教と関連がある遺跡が多いです。
また、クメールではナーガとよばれる蛇の形をした像が特徴です。
パノムルン5


ただ、パノムルン神殿は思ったより大きくなく、
階段を上る前の風景が一番良かったと思う。
その後バイタクでコラート行きのバスが来るところまで送ってもらい、
夕方すぎにコラートバスステーションについた。
コラートバスステーション


そのままピーマイ行きのバスに乗り、
ピーマイには夜9時ごろに到着した。

地球の歩き方にのっていたゲストハウスにいくも、
満員だったので途中にあったゲストハウスに言って値段を聞くと、
あまりや少ないがドミがあいていて今は誰もドミに止まっていないから、
一人だよといわれたので、
初めてドミに泊まることにして、
荷物を置いて夜の散策に出かけた。

ピマイゲストハウス


ピマイは小さい町らしくあまり飲み屋はないらしく、
郊外のカラオケ矢らしいところに連れて行かれ、
ビールを飲みながらおかまと少し話をしてゲストハウスに戻って就寝。
豪損きり
ストップ幅は小さくしていたので、
スワップをもらう前にあっという間に損きりになって、
-8400円の損失でした。

そろそろいったん短期的なそこをつけても良いと思っているのですが、
金曜日も下げています。
逆張りはだめだとわかっているのですが、
ついついやってしまうのが逆張りです・・・
思惑はだめですねー。
早くシステム作らないと。

113円つけた。
なんかよくわからないうちにあっという間に円高が進行した。
私が予想していた以上に大きな下げでびっくりしたが、
あまりにも下げすぎていたので、
豪円で88.66で2万通貨買いました。
これから下げるようだと損きりしますが、
スワップ狙いで行ってみます。

現在の建玉
豪 89.66×2万通貨

スワップ
288円

8月の損益
-25684円
今年の損益
-709398円
ポイペトとイサーン遺跡めぐり 1日目
1日目 バンコクからポイペトへ 2006年12月27日

ちょうどビザが切れるので国外に一回出国しなくてはいけなくなったので、初めてのカンボジアに行くことにする。
直前まではBちゃんの田舎があるナコンサワンにも行ってみたかったのだが、
Bちゃんは連れて行きたくないといっていたので、
結局一人でカンボジアに行ってイサーンの遺跡を見て周ってきた。

カンボジアに行ったことがない私だが、
友達からの情報によるとアランヤプラテートに行けばいいというのがわかっていたので、
万国の来たバスターミナルのモチットバスステーションでアランヤプラテート行きのチケットを買い、
バスでアランヤプラテートへ向かった。

アランヤプラテートのバスターミナルは国境から少し離れた所にあるようで、
バイタクやツクツクの運転手が「ボーダー、ボーダー」といいながら、
バスから降りる人たちに群がってきた。
私はソンテオを探したけどすぐ近くにはないようだったので、
近くにいた日本人2人組のバックパッカーに声をかけ3人でツクツクに乗ってボーダーを目指した。

ツクツクはどこか良くわからない所で止まり、
そこにいた人がビザを持っているかと聞かれ、
持っていないとビザ1200バーツだといってきた。
しかし「地球の歩き方」には1000バーツとかいてあったので、
1000バーツじゃないのかと聞くとあっさり1000バーツになった。
しかし、隣に白人軍だからは1200バーツもらっているから、
1000バーツだということは言うなといわれた。

国境ビザ取り


その後ここのビザを取ってくれた人や近くのクィティアオ屋の人と話してみるとカンボジア人らしくみんな人なつっこくいい人が多かったと思う。

ビザをもらいここから歩いて数分のカンボジアとの国境を目指した。
タイ出国は意外と簡単に終わり、
タイとカンボジアの国境を歩いてカンボジア川に行った。

アランヤ国境1


アランヤ国境2


アランヤ国境3


国境を歩いていくと左右にきれいな建物が見えてきた。
どうやらカジノらしく4、5件はあった。

ポイペトのカジノ


もう少し歩くと今度はカンボジアの入国手続き所があり、
ここでまた書類を書かなければいけなく、
英語がわからない私にとってはとても時間がかかった。
ここで適当にそこらへんにいた人に聞きながら書いて、
やっとカンボジアに入国するとタイとはちがって大きな建物がなかった。

ポイペトのロータリー


その後ビザを取ってくれたカンボジア人にホテルを紹介された。
たしか300バーツだったと思う。

ポイペトのホテル


国境から少しはなれたところにあったが、
部屋はきれいだし良かった。
ホテルの部屋

ホテルの窓から


このホテルの近くには市場があったが、
タイと比べて色あせているというか茶色という感じだった。
またきれいな建物はほとんどなかった。
ポイペトの市場


その後大きな通りまで出てみたが、
歩道は土で車道はアスファルトになっていたが、
一歩わき道にそれると土の道になっていた。
ポイペトの道路


やることもないのでそのまま国境のカジノまで歩いていった。
カジノはカンボジアの出国手続きをしたところより先にあったのだが、
簡単に通ることができそのままカジノに行ったのだが、
こちらもあっさり負けてしまった(TT)

その後ホテルに帰り再度夜の探索に行くのだが、
タイ語があまり通じないので夜の探索は不十分のまま、
ホテルで次の日に備えました。
イサーン旅行9
9日目 バンコクへ戻る。

ここでHさんと別れて私はバンコクに戻ることになった。
Hさんはウドンにもう一度行くそうです。
バスステーションはホテルからすぐ近くだったので、
そのまま歩いてバスステーションまで行きここでわかれた。

私の乗ったバスはどうやら2等ぐらいだったらしく、
いろんな都市に止まりながらバンコクに向かっていき、
すごく時間がかかったのを覚えている。

この旅行が私がタイ国内旅行を回ることになった第一歩の旅行だった。
イサーン8
8日目 ブリラム

昨日のシーサケットは駅がすぐ近くにあったので、
列車に乗っての移動でブリラムに向かいました。
列車の中


車中からみるタイの風景はとてものどやかでした。
列車の窓から1

列車の窓から2

ブリラムに到着後駅すぐ横のホテルに行ってみたが、
値段は安いけど部屋は汚かった。

ブリラム駅


そこで駅前にいたソウテウの運転手に、
400バーツぐらいのホテルに連れて行けといって連れて行ってもらう。
ついたホテルはすごいきれいな所、
本当にそれくらいなのかなーとフロントに値段を尋ねてみると、
700バーツぐらいだったので、
だまされたと思い運転手の所にいくも運転手はすでに走り去っていた。

どこにいるかもわからず適当に来た道を戻ると途中にロングレームの看板があり、
いくらかと聞いてみると300バーツぐらいで部屋もとてもきれいだったのでそこにとまることにした。
そこはホテルというよりはアパートの一室を貸してくれるようなところで部屋はとてもきれいだった。

荷物を置いてホテルの周りをチェックすると、
周りにはバスターミナルが近くにあるぐらいで、
ちかくにはにぎやかな所がなかった。

夜少し遅くなってから、
バイクでカラオケに連れて行ってもらった。
そんなにかわいい子もいなかったがそこそこ楽しんでホテルに戻りました。

イサーン旅行7
7日目  シーサケット

ウボンラチャタニーの次に訪れたのが、
隣の町シーサケットです。
ウボンラチャタニーからバスですぐの町でした。
シーサケット行きバス


町のなかを散策するも前の日に転んだときに、
足の小指に怪我をおったらしく歩くといたかったので、
あまりいろいろな所にはいけなった。
というか、
地球の歩き方にもあるように、
近くに遺跡があるぐらいで街中には駅の周辺の屋台と、
店屋が並んでいるくらいでした。
シーサケット駅と屋台街


夕方に到着したので、
駅前と町一番のショッピングモールに行って、
そこでご飯を食べてホテルに戻ってから夜の散歩に出かけました。
シーサケットのデパート


ただ、ここはソウテウもあまりいないので、
移動手段を確保するのはたいへんでした。
また連れて行かれたのも道にいるような立ちんぼと、
駅の北側にあるホテルにつれていかられ、
そこの人との交渉だった。
結局楽しいような所がなかったので、
そのまま駅の目の前の屋台外で夜遅くまでビールを飲んで、
そのまま就寝しました。
円高継続中
プライム問題でドルが安くなるという話がいろいろな所で見ますが、
実際はドルは対円、スイス以外では強くなっているという感じがします。
ユーロではダブルトップをつけてドル高。
ポンドでも同じような形、
オーストラリアドルでもドル高。
結局は円とドルが世界で一番売られていたから、
その巻き返しになったのではないだろうか。

前回のポンドは241円から31日間で20円幅の下落である。
今回は251円から233円の20ぐらいで18円の幅の下落。
あと10日ぐらいは下げるのでしょうか。

251.08→237.56 9日13.52円
244.04→  
と考えると金曜日ぐらいに230円もありえそうです。

外貨買いはまだリスクがありそうです。
あつい
東北の山奥でも暑いときは暑く、
ここ3日間ぐらい30℃を超える日が続いています。
きっとタイはもっと暑いのでしょう。

今回のタイカンボジア周遊のたびは季節的には雨季にあたるらしく、
カンボジアの道が気になる所ですが、
あまり何も考えずに日程が足りなくなったり、
いけないところがあったらそのとき考える行き当たりばったりのたびにしようと思います。

健全なヒッキー生活
この所は為替も適当に見ているので、
ざら場中はまったくやることもないので、
タイ関係のブログやHPをさがしていたのですが、
そこでついついよんでしまうHPにあたってしまった。
それは、
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/1532/
のウェブなのですが、
タイにはまったことを書いてありこのREKちゃんとのお話がとても面白いです。
またこういうのを読んでいると、
早くタイに行って遊びたくなります。

というわけで朝からずっとこのウェッブを読み続ける健全なヒッキー生活をしています(TT)
今回は
カンボジアを回ってアンコールワットを見てくることに決めました。
日程とかは適当にしてせっかくなので、
カンボジアに行くことにしました。

カンボジア
やることもないのでネットでカンボジアのことをいろいろ調べているが、
タイのほうが楽しそうな予感です。
タイとカンボジアの情報量を見ていてもタイのほうが多く、
たぶんタイのほうが楽しいということなのでしょう。
しかし、今回は一回国外に出ないといけないので、
隣国のどこかに出なければいけないし、
まだアンコールワットを見ていないので見てみたいので、
やっぱりカンボジアに行くことに決めた。
そして、タイに比べてひどいのかを体験してきたいと思います。

ただ、タイにいたときには私はタイ語もできるので、
ぼったくりに合う可能性もないし、
だいたいどこでも行くことができるが、
クメール語はまったくできないし、英語もほとんど話せない。
タイにいても英語を話されるとまったく理解できなくて困るぐらいだ。

だから、この2つの国を客観的に比べることはできないとおもいますが、
なるべくいろんな所にいってみようと思っています。

最後にネットで検索していると古い情報に出会って困っています。
アクセス数が多いものが優先的に出てくるからでしょうか。
2000年以前のつかえない情報はネット上から削除してほしいし、
月日だけ書いていて年月が欠いていない情報もたくさんあり、
年月を書いてくれないといつの情報化判断できなくこまる。
自分でも気をつけようと思った。

タイバーツのレート
がおかしいですねー。
前回書いた値も違うかもしれません。
私がつかっているAFTの為替チャートの値だと、
この前書いた通りなのですが、
なんか違うみたいですねー。
ヤフーを使って換算してみると、
現在は2900バーツ前後なければいけないのに、
AFTの現在地は1バーツ3.73円。
これを1万円で計算すると2680バーツぐらいになる。
おかしいなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。