システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月27日
もっと早く書く予定だったのですが、
過去の場帳を書いたりしていておそくりました。

もう月曜日の相場も始まっており、
為替は円安になっています。
ドル円は 190円台後半の119.60~119.84ぐらい を抜くとさらに上がありそう。
という予想でしたが、現在119.72を抜けないでいます。
でも、ユーロは高値更新しているし、
流れは円安だと思います。

ユーロ円はトレンド上です。

ガソリンチャートから下げると思っていたのですが、
NYがあげたみたいで月曜日は高値寄り付きしそうです。
ただ、高値で寄り付いたあと陰線だと形が悪いのですが・・・
自分が売り玉持っていると冷静に判断できないです。
やはり、前回高値64730を抜くからそのまま上に行くのでしょう(><)

金は前回高値の2679を試すと思ったのですが、
下の2622を割りました。
チャートの形はダブルトップになったので売っていきたいと思います。

スポンサーサイト
ねこ塾のビデオ3
このビデオでは場帳を書くことを薦めています。
私も今まではあまり気にしていなかったし、
誰も教えてくれる人がいなかったので、
必要と思っていなかったのですが、
ビデオのとおりにやってみることにしました。
そうすると今までわからなかった相場の特徴というのが見えてきました。

たぶん今まではチャートを見て、
四本値を見ていたのですが、
自分で書いてその値段を前の値段と比べるということによって、
値段を見るから読むということになったのだと思う。
そして、そのことによって相場の理解力が上がったのかな~と思った。

今までいかに相場をやっているようで勉強していなかったことがわかった。
またタイに行く前の書いていたデータ等のファイルを見ると、
今でも使えそうなものが結構出てきたし、
月々の損益表も書いていたのだが、
タイに行きだした2005年8月から更新していなかったのだが、
その数ヵ月後から勝てなくなった。

相場というのはいい加減にやっては勝てないのでしょう。
ちょっとまじめに相場をやろうと思った。

ねこ塾のビデオ2
ビデオにあったとおりに昔の四本値を調べてみたら、
そのとおりに上げてるときもあれば、
逆に行った場合もあったし、
そのときにかなりの逆方向に動いた。
仕切りは「感」と「時間」と「利食い」であり、
損きりはほとんどないと思われるし、
買値より下がった所は、
ナンピン作戦なのである。
これは損するときにはかなり大きな損になるような気がして、
いろいろ調べてみると、
年に1~2回ぐらいしか仕掛けないみたいだし、
その判断は、日足ではなく月足にあるみたいだ。

その後月足も調べてみたのだが、
あげるときはあげるのだが、
損する時はかなり損しそうな感じだった。

どうもほかの要素もありそうだが、
ビデオだけではわからなかった。
結構高い値段のビデオなのだが、
肝心な所は教えていないのかもしれません。
システム売買って
何なんでしょう?

私は同じような手法を繰り返すことだと思う。
つまり、
同じことを繰り返すなら、
別にパソコンでシステムを作る必要もなく、
自分の手計算なりチャートをみていつも同売買をする事も同じだと思う。
ただエクセルを使うことで過去の結果を調べることができるのと、
複雑な計算をあっという間に計算してくれるというのが便利である。

しかし、
パソコンでシステムを作るときは、
自分の頭の中で考えた売買の仕方を数式を作るのがとても難しい。
その上「感」などというものは数式にすることができないし、
突発の事件には対応できないのが欠点だ。

その点頭で考えて自分の手計算手書きのチャート等はその点柔軟にできるのが利点ではなかろうか。
でもそこで問題になってくるのが「感情」である。
損をしているときには損きりしたくないという感情であり、
利食いをしようとするときにはまだあがるのではないだろうかと思って、
利食いが遅れたり逆に早く利食ってしまったりと「感情」がとても重要になる。

私がシステムトレードをはじめたのもこの「感情」に左右されることなく売買するために、
システムに従いシステムどおりに建玉していました。
でもこの「感情」に振り回されないのであれば、
自分の頭で考えて毎回同じような売買を繰り返し、
突発的な事件などにも対応したほうがシステムよりもいいのではないでしょうか。
しかも、システムとは違いいろいろな情報を元に売買を考えることができる。

ねこ塾のビデオ
をみました。
ねこの育て方とかそういうのではなく、
ねこ塾という株式の相場方法の勉強会見たいのがあるみたいです。
そこのビデオなのですがこういうビデオを見ていると、
システムトレードをやめて自己裁量でやってみようと思ってしまう。

ここの売買の方法は、
チャートと新値足を見ての売買をするようですが、
仕掛け自体はあまり重視していないようで、
仕切りのほうを重視している様な感じを受けました。

その仕切りの方法は、
利益が出たものを利食いし、
出ていないものはそのままで一定期間後に仕切るという方法でした。
分散投資しているみたいで、
利益が出ているものは何回転も効率的に資金回転しており、
結構利益が出るみたいです。

この利益が出ているものはしっかり利食いして、
違う銘柄を買っていくという方法はよさそうで、
私も現在利益が出ている物を利食いして、
資金を回そうかな~と思っています。

4月26日
ドル円はあげています。
190円台後半の119.60~119.84ぐらい を抜くと、
さらに上がありそう。

ユーロ円もあげてますねー。
前回の高値162.37も抜いたので、
まだまだトレンド上であげそうです。

ガソリンはあげたのですが、
前回の高値64730を抜いていない。
週足とかを見るとあげていきそうな気がする。

金は前回高値の2679と2622のどちらかをブレイクしたら、
その方向にいきそう。
でもとりあえず上の2679を試すと思う。

4月26日
ドル円は頭が重いかもしれない。
どっちに動いてもよいともう。
上は190円台後半の119.60~119.84ぐらい
下値は118.20前後、118円を割り、
さらに117.60を割るとトレンドが下向きになるかも。

ユーロ円は昨日下げそうと予想したけど、
反対にあげてしまった。
ということは、まだ上がありそうだ。
前回高値の161.91、162.37がポイント。

ガソリンはNYが下げたため安く寄り付いて、
そのまま陰線。
これで形は崩れてきたと思う。
あとは、前回安値の62320がポイント。

金はしたひげが長い陽線で終わった。
しかも4月19日の安値2623円を抜け、
2622円をつけての上昇はもう一回上に生きそう。

ネットバンク
ど田舎に住んでいると、
都市銀行もなく振り込み手数料がかかる。
またATMに行くのが面倒なので、
この際インターネットで振込みできる口座を作ろうと思う。

ネットバンクは店舗を持たないことで、
ほかの銀行よりも利率が高いらしいが、
FXのほうが断然たかいので、
振り込み手数料という点に注意して、
新生銀行、イーバンク、ジャパンネット銀行、ソニー銀行の4行を調べていきたいと思う。

新生銀行は月5枚までの振込みが無料。
イーバンクはイーバンク無料、他行160円。
ジャパンネット銀行は52円、他行が3万円未満で168円3万円以上で262円
ソニー銀行はソニーが無料、他行が210円。
こう見ると新生銀行がよさそうです。
NTTスマートトレード
の口座が現在キャンペーン中で5000円のキャッシュバックがある。

NTTグループの会社だから、
よくわからないような会社よりも信用がある。
実際ほかの会社と比べてどうなのかを調べてみた。

ここはほかのところがと違い、
今までFXをやってきていないような初心者または、
手堅く儲けたい人を対象にしているようで、
倍率が2~10倍とかなり低いのが特徴です。

手数料は1万通貨に対して往復1000円とセントラル短資と同様。
スワップはこのセントラルより1円ぐらいNTTのほうが高い。
スプレッドはドルで5銭とセントラルと同様で、
長期トレードをする場合はNTTスマートトレードのほうがよさそうだ。

ただ、
南アフリカランド・香港ドルは手数料が1万通貨に対して200円とセントラルの50円に対して高いのが難点だ。
4月24日
ドル円は変わらず底堅いような、
上は120円に抵抗ラインここを抜けると前回高値の122.14が目標か?
下値は118円代前半、118円を割り、
さらに117.60を割るとトレンドが下向きになるかも。

ユーロ円も昨日と変わらないけど、
上値切り下げ、下値切り下げだから、
短期的には下げそう。
でも長期的には上昇トレンド。
前回安値の159.61。
158.50付近に抵抗ラインがありそうだ。

ガソリンはNYがあげたため、
高く寄り付き今日も陰線。
今日の高値は64450円、
前回高値64730円を抜けるとまだあげていきそうである。

金価格は終値2640円と下げている。
4月19日の安値2623円を抜けると、
ダブルトップの形になりそうだ。
ポイントは、2623円と2600付近の抵抗ライン。

せっかく、
相場の勉強をしているので、
思惑玉も立てることにした。
今日はガソリンを64120円で売った。
金のほうがチャートの形が悪いのだがいつもの癖でついついガソリンを建ててしまう。

タイの田舎に2
土地の値段が知りたくていろいろ調べたのですが、
日本語では値段がのっているページがまったく見当たらなかったし、
いつの値段かわからなかった。

そこで、
私の一人だけいるタイ人の友達Pちゃんに、
チャットで聞いてみた所、
あるウェッブを紹介してくれた。
そこで調べてみたのですが、
いろんな値段が存在する。

たとえば、
チャイナート県では、12ライ ライ当たり25万バーツ。
300万バーツ約1000万円で2ヘクタールの土地が手に入る。

そのほか、
ナコンラーチャシマー県52ライ ライ当たり6万バーツ、
つまり、312万バーツ約1000万円で8ヘクタール。
ナコンラーチャシマー15ライ ライ当たり60万バーツ。
サラブリー 23ライ ライ当たり12万バーツ。
ジャンタブリー県 50ライ ライ当たり10万バーツ。
ウドンタニー 200ライ ライ当たり20万バーツ。
ウドンタニー 54ライ ライ当たり100万バーツ。
コンケーン 50-100ライ ライ当たり50万バーツ。
チャイヤプーム 10ライ ライ当たり3.5万バーツ。
チャイヤプーム 10ライ ライ当たり12万バーツ。
スパンブリー 18ライ ライ当たり16万バーツ。

とあるけど、
場所がその県の中心の都市なのか、
はずれなのかは地図がないためまったくわからないし、
この値段が妥当な値段かもわからないが、
農地を買う場合1ライ当たり10-15万バーツぐらいで買えそうな気がする。

ちなみに、タイの土地の単位
ライ=400タランワー=1600平方メートル=0.16ヘクタール
です。

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

ポイント
私はシステムをそのとおり実行するには、
相場をあまり見ないほうがいいと思っていた。
それは、
思惑が発生するからです。

でも、
今はシステムで勝てないので、
自分の相場を見る力を養うために毎日チャートを見て、
今後のポイントを書いていこうと思います。

ドル円は120円に抵抗ラインがあるように思える。
ここを抜けると前回高値の122.14が目標か?
下値は118円代前半。
118円を割り、
さらに117.60を割るとトレンドが下向きになるかも。

ユーロ円はまだ上昇トレンド。
前回安値の159.61。
158.50付近に抵抗ラインがありそうだ。

ガソリンは今日の上髭陰線は形が悪いけど、
まだチャートは崩れていないように思える。
前回高値64730円を抜くのか。
前回安値61700円がポイント。
ちなみに、62500円付近は前回高値も多くありここはかなりの抵抗ラインと思える。

金価格は高寄り付きの陰線でしかも前回高値と同じ付近で寄り付きその後の下落なので、
形が悪いと思う。
明日から下げると思うが2623円を抜ければ、
下げが加速しそう。
ただ、2600円付近は抵抗ライン。
タイの田舎に
住んでみようかな~と、
ちょっと思ってます。

それは、
現在相場のほうはあまり調子もよくなく、
貯金もない状態なので働かなくてはいけません。

しかし、
タイでは日本人が働くためには、
ビザが必要だし、
私は社会人経験も少なくまず雇ってくれないだろうし、
雇われても怠け者の私が長く働くとは考えずらい。

となると、
田舎に住んで自給自足生活がいいかな~と思ってしまう。
タイがほかの国よりも優れている所は、
あの広大な平地と暖かい気候と思ってます。
今後の人口増なども考えると、
そのうち穀物の値段も上がるのではないだろうかとも思ってます。

そこで、
いろいろとタイの田舎の土地とか、
手に入れ方を知れべているのですが、
あまり詳しい情報が・・・・・(><)

外国人が土地を持つことはできないのですが、
会社は持つことができるようなのです。
しかし、
その価格がよくわからない。
タイの農地ってどれくらいなのでしょうか??


書くことない・・・
今日は朝からテレビ見て、
インターネットしてました。
何もしてないし、
ブログに書くこともない。

今度暇なときにタイに住んでいたときの旅行でも書きます。
野球
タイにいたときには、
NHKでも野球を放送していなかったので、
日本に帰ってきてから久しぶりに野球を見てると、
楽しくていいのですが、
延長がまったくなくてちょうどいい所で、
放送が終わってしまう。

今日も巨人&阪神戦だったのだが、
8回の3対2で巨人の攻撃でノーアウト2塁のチャンスで、
延長もなく終わってしまった。
30分ぐらい延長してほしい・・・・

昨日
仕切ったドル円は、
私が仕切った20時ぐらいからまたあげだしており、
だいたい1円幅ぐらい上昇したようだ・・・

相場で一番難しいのが仕切りといわれているように、
今回もまた仕切った所から相場が反転したように思える。

一番利益が乗っていたときで1円80銭ぐらい、
そのときはもっとあがるのではないかという欲があり、
今回の下げは損になってしまうのではないかという恐怖があり、
相場をやっていると心が休まりません。

でも私はシステムトレードにしているので、
仕切るポイントはシステムどおりなのですが、
負け始めるとそのシステムどおりやるというのが難しくなり、
どうしても思惑が入ってしまいます。
時間がありすぎるのもよくないのかもしれません。
早く仕事を探さないと・・・・

でも働きたくないな~。。。。
円高
になってます。
この前まで利益が乗っていたドル円も半分±0の、
スワップだけ価値の状態で撤退です。

商品先物のガソリンのチャートの形も悪く、
今回のドル円も形が悪く、
このまま下げそうな感じがします。
ガソリン下落
今日のガソリンは前日比-1000円前後下げました。
先限は62500円付近に抵抗線がありそうで、
今日も62480円をつけたあと上昇し、
したひげが長い形をつけました。

今度は前回の高値64780円に戻すのかなー。
でも、原油のチャートは悪いので下げてほしいな~

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

データをどこまで取るか。
データをどのくらいの年代さかのぼって取るかは、
システムを作るうえで結構問題になる点だと思う。
以前作っていたシステムは、
東京工業品取引所のガソリンだったので、
この問題はあまり問題じゃなかった。

なぜなら、
ガソリンが上場したのは1999年。
私がシステムを作り始めたのは2004年ぐらい。
しかも初心者がディトレに挑戦するはずもなく、
オーバーナイトのシステムになると、
どうしても5年ぐらいのデータを使わないと、
過去の取引が数回だけというシステムしかできなく、
過去の取引回数を増やすには、
その5年間全部のデータが必要になってしまい、
何も考えずに上場来のデータを使っていた。

でも、
ここ1,2年商品先物取引は売買取引の減少によって、
相場が変わってきているように思い、
(単純に私が負けていてその理由にしているだけかもしれませんが)
システム自体は最近の相場だけのデータを使って作ったほうがいいのではないか。
と思うことがよくあった。
また、ディトレのシステム(私の場合は寄り仕掛け、引け仕切り)は、
ここ3年のデータだけでも十分のデータも取れ傾向が見れると思っていた。

そしてこの前作った為替システムにはヤフーからデータを取ったものでした。
データは1999年以降のものを使い、
中長期システムを作っていましたが、
今回違うところの19994年以降のデータを使い同じようなシステムを作りました。
ところが2つのデータで作ったシステムに大きな違いが現れた。
期待値等のほとんど変わらないのだが、
ドローダウンがまったく違うのである。
どうやらこの違いは1998年8月以降の円高によるものだった。

相場で破産しないためにはこのドローダウンはとても重要で、
この値が2つのデータで3~4倍も違うとなると、
1999年のデータで作ったシステムで運用していた場合は、
確実に破産していることでしょう。
果たしてデータはどこから取り始めるのがよいのだろうか。
システムの調子が悪くなったら、
そのシステムを捨てることもいいのかもしれませんが難しい問題です。

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

ディトレ
今日はDTを仕掛けて負けました。
最近作った寄り仕掛け引け落ちのシステムですが、
やっぱりうまくいかなかった。
もう少し考えないといけないのだが、
昨日から「14才の母」をみていて、
システム作成もやっていない。
この「14才の母」あまり面白くないです。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

為替FXの会社。
この前為替FXの税金について書きましたが、
そのほかの手数料・スプレッド・スワップについて書きたいと思います。

会社ごとのトレードシステムなどはたいした差がないと思います。
違いがあるのは、手数料・スプレッド・スワップだと思います。
私が現在使っている為替FXの会社はセントラル短資とマネーパートナーズです。
セントラル短資は主に長期投資に、
マネーパートナーズは短期投資に使っています。

セントラル投資は手数料片道500円スプレッドもドル円で5銭もある。
これに対して、
マネーパートナーズは手数料無料・スプレッドはドル円で3銭です。
でも、
この2つの口座でスワップがセントラルのほうがいい。
今日現在のドルのスワップはセントラルで1万ドルで154円。
マネーパートナーズで1万ドル150円です。

もし、
1万USDドルを買った場合。
セントラルは往復1000円の手数料+スプレッド200円余分にマネーパートナーズよりもかかる計算になる。
セントラルとマネーパートナーズのスワップの差は4円/日だから、
1200円を取り戻すには300日かかることになる。

1年とか2年ぐらい持つのであれば、
セントラルが有利になることになる。

これに対し、
税金で有利になるくりっく365市場を使っている会社は、
手数料は往復420円スプレッドはマネーと同じぐらい、
スワップはセントラルと同じぐらいもらえるので、
4円/日である。
とすると、
手数料等で420円マネーパートナーズよりも損。
420÷4=105日以上持つなら、
くりっく365をつかっているスターアセット証券等がお得になる。
ちなみにセントラルよりは780円得になる。

しかし、
くりっく365で上場している通貨が少ないのである。
現在はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、スイス円、カナダドル円、NZドル円しかないのが欠点です。

テーマ:本当の初心者の為のFX”外国為替証拠金取引”入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

何もしない日々
日本に戻ってきてから、
1週間以上過ぎましたが、
未だ就職活動もしていません。
また、
システムを作る予定だったのですが、
こちらのほうもまったく進展なしです。

毎日ゲームをやったり、
動画を見たりのヒッキー生活です。
もう少しがんばらなければ・・・・

来週はシステムの修正と新規作成。
それと就職活動をしたいです。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

アユタヤ
私はバックパッカーをやったことがなかったので、
タイに住んでいたときにタイ国内旅行などはあまりしていなかったのですが、
一番バンコクから近く遺跡好きの私にいきやすかったのがアユタヤでした。
アユタヤはバンコクから電車、高速バス、ミニバス、タクシー等で、
日帰りで行って帰ってくれる観光地です。

一番のお気に入りは、
写真のワットチャイワッタナーラームです。
アユタヤ遺跡のはずれにありますが、
とてもきれいなのでお勧めです。
ワットチャイワッタナーターム(アユタヤ)

テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

確定申告の税金について
昨日の日記に書いた税率20%に友達から違うのではないかという指摘が来たのでちょっと調べてみることにした。

そこでわかったのは、
為替FXには2種類のタイプがあり、
くりっく365という市場を通して売買を行うものと、
為替会社との相対取引を行うものです。
例を挙げるとすれば、
くりっく365を使っている会社は、
スターアセット証券、三貴商事等です。
相対取引の会社は
セントラル短資・為替どっとコム等になります。

この2種類のタイプによって税金が違ってくるのです。
くりっく365を使った取引は、
ほかの日経平均先物・金利先物・商品先物等との損益通算ができ、
税金は申告分離課税の20%になり、
そのうえ損が出たときは3年間繰り越し可能です。

しかし、
為替会社との相対取引は、
雑所得になり日経平均先物・金利先物・商品先物等との損益通算はできません。
もちろんくりっく365を使った為替FXとも損益通算できません。
できるのはほかの為替FX会社との相対取引との損益通算です。
つまり、
相対取引のA社とB社のみの損益は通算はできるけど、
くりっく365のC社との損益は通算はできません。
その上税金も違うのです。
所得金額が200万以下であれば15%、
200~330万以下であれば20%、
330~700万以下であれば30%となり、
損失の繰越もできないようです。

このようなことを考えると、
毎年利益を出すことができ年間の所得の額が200万円以下なら、
相対取引のほうが有利です。
でもこの所得金額にはたぶん給料とかも含まれ、
働いている方はまず200万以下になることはないと思われます。
そうなると、
断然有利になるのがくりっく365のほうである。
こちらは、
申告分離なので給料にまったく関係なく、
損益通算できる取引も多く、損失も繰越ができ、
そのうえ税金はいくら儲けても20%以上行くことがない。

昨日の主婦は相対取引だったので、
20%ではなく累進課税がとられ、
税率が高くなって1億3千万の税金になったと思われます。

*詳しくは、税務署等に聞いてください。
私が調べた結果であり、間違えもある可能性があります。


4億円
を為替FXで儲けた人がいるらしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000057-jij-soci

この人の資本金がいくらあったか知らないけど、
4億円も実際に儲けている人がいることを知ると、
私にもできるのではないかと思えてくる。
このほかにも、
以前名古屋で1万円札をばら撒いた人もいたわけで、
相場で儲けて人財産を作るということはできそうである。

しかし、
この4億円儲けたひとは、
税金を払っていなかったらしい。
確かFXは先物とかと同じだから、
利益の20%が税金として取られるはずである。
4億円だと8千万円になるだろうか。
とても高いですねー。

私も以前この税金を払っていたことがります。
もちろん儲けはこの数百分の1なのでたいした金額ではないのですが、
しかし、
タイに住むようになってから、
親に任せており、
今年の税金の報告が来ないなーと思っていたら、
住民票を抜くと日本国内で働いていないので、
税金がかからないようです。

相場だけで生活している方は海外に住むのもいいかもしれませんねー。
ただし、
日本の証券口座とかは海外にいると開けないですし、
海外でのトレードをすることは認められていないようです。
復活♪
この前の円の急騰によって生じた被害により、
為替口座が当初資金より40万ぐらいのマイナスになったのですが、
ひそかに買っていたドル円のおかげで、
含み益を入れてやっと、
当初資金を復活しました♪

しかし、
この前の円の急騰による被害は、
調べてみると80万ぐらいであと40万円足りません(><)
もう少しがんばらないといけなそうです。
勝率97%の
システムができました♪
でも、はっきりいってそんなシステムは存在しないでしょう。
案の定間違っていました。

このようにすごい勝率もしくはすごく利益が出るシステムは、
システムに間違えがある可能性がすごく高い。
その原因の1番目は、
未来のデータを入れてシグナルを出している可能性である。
つまり、
今日の四本値のデータを使って、
今日のディトレのシグナルを出そうとしていたりである。

しかし、
今日の間違えは仕切り価格や仕掛け価格などのデータ。
つまり、
システムシート自体の間違えだった。

この間違えを直してみると、
57%の勝率の並みのデータに戻ってしまった。
しかも、
ドローダウンが大きい・・・。
(でも今の段階では損きりを入れてないのであまり問題ではないと思われる。)
でも、
このシステムは損益レシオ(利益の平均/損失の平均)3.14もあり、
私の作ったシステムの中では1番ぐらいにいい値である。
今後このシステムがうまく稼動すれば、
タイに行く時期も早まるような気がしてきた♪


アフィリエイトが
できました。
友達からもできてると聞いていたのですが、
結構どうやればいいかわからなかくて悩んでいたのですが、
やっとできました。

今まで、
ネットだけで稼いでいた人がいたようですが、
その理由がやっとわかりました。
自分のウェッブもしくは、
メールマガジンに広告を載せて、
もし底から広告主のところにアクセスし、
契約にいたると少しの収入が得られる。
これがアクセス数が多いウェッブになると、
それなりの収入になるのがわかります。

でも、
私のブログでは無理でしょうけど、
やってみることによって、
いろいろなことがわかったのはよかったです。
自己紹介
を書いてなかったので、
ここで書いておきます。

30代の男性です。
株式投資は3年ぐらい、商品先物は5年ぐらい、為替FXを半年ぐらいやっています。
投資方法はシステムトレードという確率を基にしたトレードをしています。
商品先物をはじめてから3年間は勝ち続けたのですが、
タイに来て遊び始めてから4年目で±0ぐらいまで落ち、
今年が惨敗という結果になり、
タイのバンコクから撤退して日本戻ってきたヒッキーな生活をしています。
ただ、仕事をしないと収入がないので、
現在は仕事を探しつつ相場をちょっこっとみて、
システムをほんの少しいじって、
インターネットで遊んでいます。

予定では、6ヶ月ぐらい働いて、
その間に相場でも儲けて再度タイに帰る予定です。
寒い
日本寒いです。
特に北のほうは寒くて、
南国から帰ってきた身にはこたえます。
朝の起きる時間は10度以下になっていることは確実です。
なので、
とりあえず、
ストーブをいまだにつけています。
タイにいたときには、
エアコンの温度設定を28度にしていたのが懐かしいです。

テーマ:家族日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。