システムトレードでタイ移住計画断念(TT)。タイで就職活動♪
夢破れたいまでもタイにあこがれて、タイで就職してタイに住む計画の状況をつづる日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しい
別にやることはないのだが、
毎日仕事に行って帰りが遅くなって、
土曜日も仕事があると、
時間がありません。

せっかくタイにいるのにどこに行くこともできずに、
日々が過ぎていきます。
スポンサーサイト
賃金差
タイ人の作業者の賃金は1日200B以下約600円でしょうか?
日本の10分に一以下になります。
でも作業者のスピードは10分の1以下になこともないです。
何も考えていないで作業をしていることはありますが、
簡単な作業には問題ないです。

現在日本国内でも工場ではあまり利益が出ないようです。
やっぱりこの賃金には勝てないようです。
それで日本の工場がやっているのが、
海外で作らせてそれを輸入してそこにまた利益を上乗せして売るのです。
つまり、海外で作ったものをそのまま横流しして利益を途中で搾取しているという感じでしょうか。

私たち現地採用もその搾取されている人間でもあり、
タイ人を搾取している人間です。
働いているといろいろと今まで見えなかったものが見えてきます。
タイ人は○○ その6
「報告をしない」

日本にいたときは派遣ぐらいしか働いていなかったのですが、
何かあったら上の人に報告するというのが当たり前だったし、
わからないことがあったら聞くというのが、
それが普通と思ってきたのですが、
タイではそんなことがないのです。
なにかいつもと違うなーと思っていてもそのまま素通りなのです。

なんとかその悪いことから避けたいという気持ちなのでしょうか?
で、やっと報告に来たなーと思ったらどうにもならないような状態なのです。

そして、この失敗に懲りて次は報告に来るかと思うと、
怒られたこともあり、次に報告しに来るときはその怖さから、
また報告に来ないのです(><)
ソンクラーン休み終了
11日まではたらいて、
16日からもう仕事です。
ほかの工場ではまだ休みのところも多いようで、
道はすいていました。

ただ、作業者は130名中16名の欠席。
明日は何人出社するのでしょう。

土日は休み
世界的な不景気と在庫調整は私の工場にもやってまいりまして、
やっと土日休み、
場合によっては月曜日も休みといううれしい状態になってまいりました。

なぜなら私の給料は決まっているので、
それ以上働いてもそれ以下でも同じ値段なのです。
それだったら、残業なし、休日たくさんだと同じ金額もらえるので、
とてもうれしいのです。

でもうれしいことばかり行っていられないこともひとつあります。
それは、賞与がなしになるといううわさです。
どうやら業績が悪化してきたので、
賞与がなくなるらしいのです。
唯一の楽しみが・・・・

ちなみにこの前売ったユーロはあっけなくストップロスに(TT)
いい気になって仕掛けが早かったようです。
また今日はあんなに下げているのに、こんなに戻すなんて、
円高トレンドに変化の兆しなのでしょうか?

タイ人は○○ その5
「従順」

タイの社会は日本と違って階級社会です。
同じ位の人としか遊ばないのがほとんどです。
生まれながらにして階級があるのです。
金持ちは金持ちとしか遊ばないし、
貧乏人の周りは貧乏人だらけ、
おかまの友達はおかまです。

という風にタイではしっかりと階級が決まっており、
そのことについてタイ人はしょうがないと受け入れているようです。

私の会社でもスタッフはスタッフ。
ワーカーはワーカーです。
基本的にはワーカーからスタッフになることはできなく、
給料も違いますし、扱いも違います。

またその差別をタイ人はしっかりと受け止めているからこそ、
上の人に対してはすごい従順なので、
上から言われたことに対しては基本的に「はい」「はい」といって実行します。
ただ、自分から動いて何かをするということはありませんが。

タイ人は○○ その4
「説明が長い」

仕事をやる上でどうしてもタイ人と話さなければいけなく、
間に通訳が入って話をするのでどうしても細かいニュアンスが違っていたり、
勘違い、通訳の間違いなどがあるのですが、
それを抜いてもとても話が長い。

データを見せて説明してもなかなか理解してくれず、
一つ一つ説明して理解させて始めて納得する。
おかげで毎日毎日仕事がたまる一方で、
仕事がまったく減りません。

もっとてきぱきと仕事してくれよー。
タイ人は○○ その3
「給料は」

ちょっとタイ人は○○にはあわないけど、
今日は私が知る限りの普通のタイ人の給料を書いて見たいと思います。

私も働き始めたばかりでどのくらいもらっているかわからないのですが、
たぶん私が閲覧できる資料によると、
残業代とか入れて1万Bぐらいではないのか?という感じです。

バービアとかの従業員募集のちらしでも、
6000Bとか8000Bというのを見るので、
たぶんそんな感じだと思います。

ただ、その1万Bも以前の残業代1.5倍が付いたときの給料なので、
たぶん現在の残業なしになると1万バーツを割るのではないでしょうか?
そう考えるといかに安い月給で働かせられているかわかり、
あまり厳しい注意はできないし、
日本人と比べてどうだとかいえないですねー。
タイ人は○○ その2
「結構周りを見ている」

工場では一日にどれくらいの作業をしなければいけないというLOT数があり、
それを毎日チェックしているのですが、
それをみてみると時間ごとにやるスピードが結構違うのである。

日本人は手を抜くにしても均等にある程度のスピードで同じように手を抜くけど、
そこはタイだと時間ごとのデータをとってみると、
結構な誤差が出てきて、
一番速いスピードでやったら3時までには仕事が終わっているだろー。
というのに、5時ぐらいにしっかりと1日の仕事量を終わらせるようにあわせてくるのである。
しかも、あまり気が疲れないようにしっかりとサボっているのである。

本当にかしこいです。

タイ人は○○ その1
仕事をやる前まではなかなか付き合いがなかったタイ人ですが、
仕事をやると周りはほとんどタイ人で、
タイ人がどういう人間なのかも見ることができます。

そんな中で思うのが、
タイ人と日本人は違うことであり、
気が付いたらその中身を書いて行こうと思う。

最初は「またいいわけ」です。

工場なので作業手順所というものがあり、
やらなければいけない手順とか、
順番が決められており、
そういうのもチェックしているのですが、
たまに、ここがおかしいよと注意すると、
だって、「さっきまでしていたけど○○とか」
「これは短くてやりずらいんだとか」
なんか一言返してくるやつがほとんどです。

でも私は一回見て言ってるんじゃなくて、
数回同じことをやってるのを見てから注意してるんだけどねー。
なんで「ごめんなさい」とか「はい」といわないんでしょうねー。
プライドが高いというか結構めんどくさいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。